お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

46話 思い切った行動


「誕生石ヘアケアコフレ」が完成した。
広告部と協力して、やれる限りのPRをくり広げた結果、
女性誌や新聞数社の記事はもちろん、
各局の情報番組にもとりあげられ、ヒット商品になった。
やりきった——そんな満足感が、私をつつんだ。

藤木さんとの恋愛も、「やりきった」という満足感があればよかったのに。
今、後悔している。臆病で、中途半端だった自分を。
空港でふり返ってくれた、藤木さんを思い出す。
もっと私が勇気を持っていたら、彼の心の中に入り込めたかもしれない。
これからは、後悔しない生き方をしたい——。

私は、NYにいる藤木さんにメールを打った。
『近いうち、NYに行きます』

2カ月後、JFK空港に迎えに来た藤木さんは、
「本当に来るとは思わなかった」と嬉しそうに両手を広げた。
日本にいたころより、ジェスチャーが大きくなっている。
知らない人のようで、少し気恥ずかしい。
「どれくらい滞在するの?」と藤木さんが訊いた。
「たぶん、1年くらい」
「え?」
「仕事、辞めてきたの」
そう告げると、藤木さんは言葉をなくして立ち止まった。
【登場人物】
一之瀬莉緒(28) 化粧品会社の広報。ニューイヤーのカウントダウンのため、1人NYを訪れ……。
藤木和哉(29) テレビ局のディレクター。NYのカウントダウンで莉緒と知り合う。
古川渉(29) 食品会社の広報。仕事がらみで莉緒と知り合いに。時々食事に行く仲。
奥村千紘(52) バー「ブパサニワット」のオーナー。
大谷美紀恵(33) 莉緒の上司。

お役立ち情報[PR]