お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

夏こそ乾燥に注意!? 働く女子が気をつけたい、夏の「ゆらぎ肌」対策

季節ごとのお肌の悩みと言えば、「冬は乾燥、夏は紫外線」。厳しい乾燥にさらされる冬に比べたら、夏は紫外線対策さえ怠らなければ大丈夫……というイメージがありますが、実は夏だけできるニキビやエアコンによる乾燥に悩む女子も意外に多いよう。夏の肌ケアって意外に大変? 化粧品メーカー・decencia(ディセンシア)PRの山下慶子さんに聞きました。



「夏の室内は、エアコンにより冬と同じくらい乾燥していることもあります。さらに夏は冬に比べて保湿ケアを怠りがちな方が多いので、とても危険。乾燥や強い紫外線、外と屋内の気温差などによってバリア機能が低下し、トラブルを起こしやすい『ゆらぎ肌』になってしまいます」


確かに、汗をかくこともあって、冬ほどしっかり保湿していないかも……。夏のスキンケア、どうしたらいいんでしょう?


「保湿を怠らないことはもちろん、そのほかにもちょっとしたポイントを押さえることでバリア機能の低下を防ぐことはできます。まずクレンジングと洗顔では、すすぐ際のお湯の温度がポイント。高すぎるとお肌にとって必要なうるおいまで奪ってしまう原因となり、逆に冷たすぎると汚れを落としきれないこともあるのでNGです。肌を不必要に刺激しない、36度前後の水温で洗顔するようにしてください」


このほか、さっぱりしたいからといって何度も洗顔したり、洗顔料を多く使用したりするのもダメなのだとか。


「次は化粧水です。もっとも大切なのはつけるタイミング。クレンジングと洗顔のあとは、水分が蒸発しやすい状態。遅くとも1分以内につけましょう。そしてつける際には、手のひらに適量の化粧水を出して馴染ませたあとで、頬など広い部分から押し当てるようにしてつけてください。特に乾燥しやすい頬や口元、目元を中心につけ、皮脂分泌の多いTゾーンは最後につけるとバランスよく馴染みます。特に『ゆらぎ肌』の状態のときは、無理なパッティングやコットンの拭き取りは刺激になるのでNGです」


「化粧水を肌に吸収させる」という意識を持って、ていねいに行うことが大事だそう。がんばります!


「化粧水をつけたらクリームや乳液でうるおいをしっかりバリアしてくださいね。ちょっとしたケア方法のちがいで、肌の状態は変わってくるもの。ていねいなケアの積み重ねが大切です」


肌の状態が悪いと鏡を見る気力もなくなってしまいがち。でも、肌の状態が微妙なときにこそ、しっかり肌と向き合うことが大切なんですね。夏本番に向けて、肌と一緒に気も引き締めたいと思います!



■関連リンク
【働く女子の実態】日焼け止めの正しい選び方、使い方、知ってる?
【働く女子の実態】女性は要注意! 「夏冷え」はさえない女を作る!
【escala美容白書】デリケートゾーンのむだ毛処理をしていますか?

お役立ち情報[PR]