お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

働く女子に聞いた! 雨の日のひそかな楽しみって?

髪はまとまらないし、衣服は濡れるし、傘は邪魔だし……と雨の日が続くと気も滅入るもの。でも、雨が続く梅雨の時期にそんなことを言っていてはもったいない! 世の中には意外と「雨が好き」という人が多くいるもの。そんな人たちの雨の日が好きな理由とは?



■降水確率チェックが好き(24歳/保育士)

「梅雨の時期になると、全国でどのくらい雨が降るのかチェックしている。『ほとんどのところで80%以上! へー』と感心する」


「別に何かに役立てる気もないんですが、なんか楽しい」のだそう。これからは、天気予報で降雨量もチェックしてみるようにすると新たな発見があるかも。


■あえて混んでいる場所へ(26歳/薬剤師)

「普段は混んでいる場所も、雨の日なら空いている。アミューズメントパークは雨だと乗れないものもあったりするけれど、それも特別感があって楽しいです」


雨が降っていると無意識のうちに外に出るのを控えてしまうもの。雨の日こそ、自分の行きたい場所をゆっくりと楽しめそうですね。


■写真の練習(28歳/自営業)

「カメラに凝っていて、雨の日の写真を撮るのが楽しみ。花に滴る水滴や、水たまりに映る風景とか……。晴れの日とは違う街の雰囲気にドキリとすることもあって。今は雨の日が待ち遠しい」


なんてステキな! 雨の日の一瞬を切り取るのってなかなか難しいもの。試しにカメラを持って出かけてみるのもいいかも。


■温かいものをいただく(26歳/販売)

「朝から雨の日はいつも、雨音で目覚めるので早起き。梅雨のときはジメジメしていることが多くイライラしちゃうこともあるけれど、いつもよりほんのり涼しい日も多いので、朝から温かい飲み物や食べ物をいただくようにしています。ほっと心が落ち着きます」


雨の日は早起きするようにしている、という人はほかにもいました。それでなくてもイライラするのに、時間ギリギリになるとさらに苛立ってしまうことに。早起きして余裕をもって行動することで雨の日の憂鬱を回避できることも多いようです。


■傘に振り回されて(26歳/事務)

「小さい子が長靴を履いて、ちょっと大きめの傘をがんばって持ってフラフラしている姿を見ると、かわいいなあと思います。中には歌っている子もいたりして……。雨をうれしそうにしているのを見ると、こっちも楽しくなる」


そういえば、小さいころは、「雨が憂鬱だなぁ」なんて思うこともなかったかもしれません。小さな子の無邪気な姿を見てハッとさせられることってありますよね。


憂鬱だなぁ、と思って片付けてしまうのは簡単なこと。何か楽しみないかな? と前向きにとらえてみるだけで、過ごし方は変わってきそうですね。


(ふくだりょうこ/プレスラボ)



■関連リンク
【働く女子の実態】働く女子が失恋した次の日の出社エピソード
【働く女子の実態】憂鬱な気分にサヨナラ! 「ブルーマンデー対処法」とは?
【escala仕事白書】仕事中のひそかな楽しみ

お役立ち情報[PR]