お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

肌に塗る漢方って? 和漢ビューティが注目されている理由

冷え症の改善や生理痛の緩和など、女性にとってうれしい効果も多いと言われる漢方。最近では漢方を使ったエステがあったり、化粧品メーカー・オルビスで和漢(日本人の肌に合うように独自の処方が施された漢方)を配合したスキンケアシリーズ「クリアシリーズ」が発売されたりするなど、化粧品でも注目が高まりつつあるようです。


漢方といえば飲むイメージが強いのですが、直接肌に塗っても効果はあるものなのでしょうか? 中医薬膳師で漢方&薬膳コンシェルジュの杏仁美友さん、教えてください!



「中国で漢方が誕生したのは、およそ2000年前。当時から飲むだけでなく、一部の貴族たちの間では、漢方を細かく砕き、洗顔やパックなどのスキンケアとしても使われていたという文献が残されています」


当時スキンケアとして多く使われていた生薬は、美白作用がある真珠(しんじゅ)や、アンチエイジング作用がある桂皮(けいひ)などだったそう。気になる効果はというと?


「飲用に比べると多少効果は低めですが、細かく砕かれた漢方の分子が肌の角質の間から入り込むことで美肌作用が得られます。当時よりも現代のもののほうが肌に浸透しやすいように研究されているので、効果を感じやすくなったと言えると思います」


なんだか、肌から漢方を飲んでいるようなイメージですね! でも、なぜ今になって漢方の注目度が高まったのでしょうか。オルビスのPR担当、清田友希さんに聞いてみました。


「ここ数年で和漢を取り入れたヘアケア商品や化粧品が多数販売されています。最近では『アジアン・ビューティ』という言葉も多用され、これに併せて日本古来より存在する和漢に注目が集まったのではと思っています。また、仕事や人間関係などのストレスによる肌トラブルに悩む人たちが増え、安心感を求めてナチュラル志向のものを選択するようになったからとも考えられますね」


そういえば、オーガニック系コスメも人気が高いイメージがあります。利用者から和漢を取り入れてほしいという要望があったのですか?


「お客様から大人ニキビについての相談を寄せられ、その悩みを改善しようと試行錯誤を重ねた結果、バリア機能が低下した大人のニキビ肌には肌本来の力を底上げする和漢を用いたケアが適しているという結論にたどりつきました」


オーガニック志向を背景に、高まる漢方への注目。「良薬は口に苦し」と言いますが、肌からなら苦い思いをせずにすむし……って、そういう問題じゃないか!(笑)


オルビス
http://www.pc.mycom.co.jp/cgi-bin/skj/1740


杏仁美友さんオフィシャルサイト「こころに漢方を、くちびるに薬膳を。」
http://kyonin-miyu.com/


(吉住夏樹/プレスラボ)



■関連リンク
【働く女子の実態】オトコと会う時とオンナと会う時、化粧に気合が入るのは?
【働く女子の実態】女子の美肌に欠かせない愛用コスメを教えて!
【20代女子ランキング】「もう少し小さいといいな、と思うコスメ」ランキング

お役立ち情報[PR]