お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

働く女子が「この仕事でよかった!」と感じる役得って?

外食産業会社に就職した友人が、なんと1年で10キロも太ってしまいました。どうやら、自社割引のおかげで多くの居酒屋やレストランを格安で利用できるようになったためとのこと。太るのはイヤですが、食費がかからなくてすむなんて、うらやましい。
……ということで、さまざまな職業の方に、自分の仕事の「役得」について、自慢してもらいました!



■ライブに行くのが仕事(29歳/音楽レーベル営業)

「所属アーティストのコンサートについていって、リハーサルからじっくり聴くことができる。あと、野外フェスもタダ。多くの営業は壁際で静かに聴いているパターンが多いけれど、私は最前線で盛り上げます。おかげでストレスがたまりません」


音楽好きにとっては、非常にうらやましいお仕事だと思います!


■写真や映像では見られないモデルの素顔を見ることができる(28歳/ヘア&メイクアーティスト)

「モデルさんにメイクをすると、だんだん自信に溢れた素敵な表情へと変化していきます。自分の手によって人を生き生きした顔へと導けるのはちょっとした役得だと思います。あとは、スキンケアからメイクグッズまで、新作がいくらでも手に入るのがうれしいですね」


化粧品の新作が手に入りやすい! 確かに役得です。


■クリスマスはなんと70%オフ(26歳/ショップ店員)

「普段は社内割引きで50%オフで服が買える。自分のブランドが好きで働いているのなら、このうえない幸せだと思います。さらに、クリスマスは特別割引。ほとんどの社員はここぞとばかりにコートを3枚くらい買っていますね」


ひと冬にコートを3枚……。なかなかできないことですよね。


■ホテルは格安、スキーやゴルフはタダ(26歳/レジャー産業)

「自社と提携しているホテルやリゾートであれば、格安で宿泊ができてあらゆるチケットは無料に。学生のころからひとり旅が好きな私にとっては、こんなにおいしい仕事はありません。死ぬまで会社からは離れられないかも……」


行きたいところにお得に行ける! まさに旅好きにはたまりませんね。


■悪戦苦闘して作ったデザインを街で見かける(Webデザイナー/28歳)

「一番うれしかったのは、とあるTVゲームのキャラクターのデザインをしたとき、そのキャラクターがヒットして関連グッズなどが発売されたこと。ストラップとなった自分のキャラクターを持っている高校生を見かけたときは泣けました」


数々のボツも乗り越えなければならないからこそ、喜びは大きいのでしょうね。


このほかにも、「映画見放題」(25歳/映画配給会社)や、「役員へのお歳暮はほとんど社長が横流ししてくれる」(25歳/秘書)なども。しかし、ここ不景気になってから、社割がきかなくなった! なんて回答もチラホラありました。仕事の役得を味わってモチベーションをあげるためにも、まずは景気回復してほしいですね……。


(栗林弥恵/プレスラボ)



■関連リンク
【escala仕事白書】仕事柄してしまうこと
【働く女子の実態】20代女子の、“職場でひそかに快感な瞬間”とは
【働く女子の実態】ひそかに立てている仕事の目標って?

お役立ち情報[PR]