お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

働く女子に聞いた! 進化する携帯電話をどう使ってる?

iPhoneをはじめとしたスマートフォンも発売され、ますます機能満載になりつつある昨今の携帯電話。ポケベルを経て、PHS全盛期も知っている世代にとっては、このような携帯電話の発達ぶりには目を見張るものもあるのでは。
実際のところ、その使用方法も人によって変わりつつある?
働く女子に携帯電話の使い方について聞いてみました。



■あくまで携帯電話は連絡用(28歳/保育士)

「いつまで経っても、基本は通話とメール。余計な通信費もかかっちゃう場合もありそうだし。だから、携帯はごくシンプルなものを使っています。でも宝の持ち腐れのような気がしないでもないので、お金がかからない範囲で使いこなせるようになりたい」


シンプルに、通話・メールがメインという人は多いよう。理由としては、「余計なお金がかかってしまう」以外に、「機能が多すぎる。説明書を見るのがめんどくさい」という声も。


■スマートフォンは2台目に(26歳/広告)

「発売当初から気になっていたiPhoneを購入しました。最初は使い勝手もわからないし、使いこなせるか不安だったので、これまで持っていた携帯と一緒に使うように。でも、インターネットがすごく使いやすいし、機能満載で、生活を充実させるために欠かせなくなっています」


一方で、これまでの携帯も手放せない、とのこと。「なんとなく、メールを打つのはこっちのほうがよかったり……」と慣れからか手放せないのだとか。通話・メールはこれまで通りの携帯を、iPhoneは外出先で音楽を聴いたり、インターネットを楽しんだりしているそうです。


■電車の中で資料チェック(28歳/自営業)

「ドキュメントビューアが搭載されている携帯を購入して、ExcelやWordの資料をチェックしています。若干、文字が小さいという点はあるものの、通勤時間を有効に使えて満足」


打ち合わせまでに資料読みが間に合わなかった! というときは携帯に転送。「ミニノートパソコンを購入してもいいんですが……電車の中では広げづらくて」とのこと。資料を読むだけなら、携帯でも十分?


■仕事とプライベートはわけて(27歳/デザイナー)

「仕事用とプライベート用で携帯をわけています。彼との通話料金を抑えるために同じキャリアの携帯を買ったことが2台持ちの理由。結果的に全体のコストも下がったし、オンとオフのメリハリもついたように思います」


ついつい長電話してしまって、通話料がかかってしまった……ずいぶん前はそんなこともよくありましたが、今は格安料金プランや、特定の相手とは通話が無料になるなどのプランもあり、2台目を持つことで、逆に節約になる場合も多いようです。


時代は流れるもので、「えっ、携帯でそんなことまで!?」と驚かされることもしばしば。今年生まれた子どもたちが成人するころには、いったいどんなコミュニケーションツールが使われているのでしょう。


(ふくだりょうこ/プレスラボ)



■関連リンク
【働く女子の実態】トイレでワンセグ!? 女子たちの携帯電話事情
【escala仕事白書】携帯電話、支給されていますか?
【働く女子の実態】「仕事中の携帯メールのチェック回数」ランキング

お役立ち情報[PR]