お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

出会いは突然起こる!? 働く女子の偶然の出会いエピソード

職場や友人の紹介、合コン、学生時代の同級生……恋人との出会いとして定番なのはこれくらいでしょうか。なかなか偶然の出会いなんて転がっていないもの? いえいえ、やっぱり中には漫画みたいな突然の出会いがあったという人もいるようです。出会いはいつ訪れるかわからない! そんなエピソードを集めてみました。



■「同じツアーに参加していた彼」(24歳/アパレル)



「連休が取れたときに、ひとりで一週間のヨーロッパ旅行のツアーに参加することにしました。観光予定が詳細に決まっているツアーだったので、毎日同じメンバーで移動をともにすることに。そこに私と同じでひとりで参加していた同世代の男性がいたのですが、ほかの参加メンバーはカップルや夫婦、家族連ればかり。必然的に彼との会話が増え、日本に帰ってからも会うようになりました」


休みの日程、参加ツアーなど「たまたま」が重なって出会ったふたり。お互いがいなかったらツアーでひとりぼっちだったかも? いろいろラッキーでしたね。

■「ペットのおかげで愛が芽生えた! アパートの上の階に引っ越してきた彼」(27歳/公務員)

「私が住んでいるアパートの上の階に引っ越してきた彼。私と同じ種類の犬を飼っているということをきっかけに、散歩中に会話が弾み話すようになりました。ある日、彼が実家に急に帰らなくちゃいけなくなって、彼の犬を数日預かることに。それからお互いの犬を遊ばせるようになって、部屋にも遊びに行くようになりました。これが、今の彼氏との出会いです」


「急きょ彼の犬を預かることになった」など、予想外のハプニングが恋愛のはじまりにつながった!?


■「旅行先で道を聞いた飲食店の店員さんと」(26歳/百貨店勤務)



「今付き合っている彼氏は、女友達とふたりで温泉旅行に行ったときに立ち寄った飲食店で、偶然道を聞いた店員さん。ちょうど閉店時間間際で、目的地まで彼が案内してくれたんです。『東京に来たときはお礼に案内します』って連絡先を教えたら、その後しばらくして彼が就職のために上京してきたときに連絡をくれて。その後仲よくなり、付き合うことになりました」


女同士の旅行に行くと、「素敵な出会いないかな?」なんて冗談半分で言い合ったりするものですが、本当にあるとは。


■「友人の結婚式の二次会の打ち合わせで」(25歳/電機)



「友人の結婚式の二次会で出し物をすることに。新郎側の幹事を務めていた彼と事前に打ち合わせで会って、ひと目ぼれ! 結婚式が終わったあとも自分から食事に誘ったり、必死にアピールして付き合いだしました」


ふとした出会いをモノにするその恋愛力、スゴイです! 結婚した友人カップルも、さぞビックリしていることでしょう。


「自分から動かなきゃ出会いなんてない!」と言う人もいますが、偶然が重なったうえでふと訪れる出会いもやっぱりあるもの。待ち望んでいるときにはなかなか見つからないけど、出会いは急に、予想外のときに訪れるものなのかもしれません。「出会いはほしいけど、自分から出会いの場に行くのはちょっと……」なんて思いがちな私も、少し希望を持てた気がします(笑)。


(桜まゆみ/プレスラボ)



■関連リンク
【働く女子の実態】3人に1人が経験! その「運命的な出会い」の中身とは?
【働く女子の実態】人脈を広げるためにやっていること
【20代女子ランキング】「新しい出会いを一番期待している場所」ランキング

お役立ち情報[PR]