お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

働く女子がお呼ばれしてゲット! 結婚式での出会い事情

「花嫁が投げたブーケを受け取った女性は次に結婚できる」というジンクスは、定番中の定番。結婚願望があってもなくても、招かれると「いつか私も……」と心をときめかせてしまうものです。そして、「あ、そういえば相手がいなかった」とちょっぴりへこんでしまうこともあったりして。だからといって、下を向いていてはいけません。新郎側のゲスト、新婦側のゲストと初めましての男女が集う場所。たくさんの出会いが待っているようです。
自分から声をかけた? それとも、別の何かが……。幸せな結婚式での出会いを聞いてみました!



■新郎側のゲストから……(27歳/雑貨販売)

「高校時代から新郎新婦ともに友人だった私。二次会では知り合いが多くてワイワイしている中、新郎側のゲストとして呼ばれた男友だちに、その友だちを紹介されて。気さくでとてもステキな人だったので、その場で夢中になってしまいました」


お友達のはからいもあり、電話番号を交換。猛アプローチをかけ、2度目のデートで見事成就したのだそう。「実は、二次会がスタートしたときから彼も私のことを気にしてくれて、友人に紹介してほしいと頼んだのだそうです。アプローチせずに待っていたほうがよかったかな」。……ごちそうさまです!


■披露宴の帰りに偶然……(28歳/アパレル販売)

「駅で何かにひっかけて引き出物が入った紙袋を破いてしまった私。ぶちまけてしまった中身を拾い集めているときに、手を貸してくれたのが、私と同じ紙袋を持った男性でした。新郎側のゲストだったらしいということがわかり、駅で立ち話をしているうちに意気投合。お茶でも、という話になり、すっかり盛り上がってしまいました」


ゲストがとても多い披露宴で、会場ではお互いに相手の存在を知りもしなかったとのこと。「紙袋が破けたときはあまりのついてなさに泣きそうになってしまったんですが、それが逆に幸せを呼んでくれたのかも」とのこと。


■ブーケが引き寄せた恋(27歳/大学事務)

「二次会で、突然『かわいいですね』と声をかけられました。そんなことを言われたのは初めてだったので、からかわれているのかと思ったんですが、彼はいたって真面目。話を聞くと、ブーケプルズのときにブーケを見つめている顔がすごくかわいかったからだ、って……」


彼女はブーケをゲットしたのだとか。さっそく効果が現れた?


■二次会の幹事で……(24歳/IT関連)

「新郎側の幹事さんと前々から打ち合わせのためにときどき会っていて、いい人だなぁ、とは思っていたのですが、二次会での仕切りっぷりが素晴らしくて、すっかり心を奪われてしまいました。また会いたいな、と思っていたら、その後『二次会の打ち上げしましょう』って連絡が来て。そこで告白されました」


一緒に何かを達成するというのは、それだけでも絆が強くなるもの。おまけにしっかりとリードされると、ふだんもそうなのかな? と期待もふくらみます。また、彼のほうは、「しっかりとサポートしようとしてくれる姿勢がうれしかった」と言っていたのだそう。ナイスコンビネーションだった?


今回、お話を聞かせていただいた方々はみなさん結婚が決まっているとのこと。出会いの場が結婚式ということだけあって、自然と意識してしまうものなのでしょうか。また、自分たちの結婚式で新たな幸せが生まれるといいですよね。


(ふくだりょうこ/プレスラボ)



■関連リンク
【働く女子の実態】意外と現実的!? 20代女子の「理想の結婚式」
【働く女子の実態】招待状をもらってからの辞退&欠席はタブーなの!?
【escala恋愛白書】結婚を決めた瞬間

お役立ち情報[PR]