お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

働く女子がやっている、暮らしに季節感を取り入れるコツ

「生活に季節感を取り入れると、メリハリが出て若々しくいられる気がする」とは、30代後半の知人女性の言葉。彼女、確かに実年齢よりかなり若く見えるんです。日本は四季がはっきりしている国ですが、忙しい日々は季節もろくに感じられずに過ぎていってしまいがち。生活にメリハリをつけて季節を感じられたら、何だか心にも余裕が出てきそう。
働く女子のみなさん、暮らしに季節感って取り入れていますか? 季節感を取り入れるためにみなさんがしていることって、どんなことなのでしょうか。



■「季節の食材を食卓に取り入れる」(28歳/銀行員)



「春にはふきのとうやたけのこ、夏にはそら豆やにがうり、秋・冬にはぎんなん、栗や牡蠣……。季節の食材を、ふだんの家で食事の中に意識的に取り入れるようにしています。ひなまつりにはちらし寿司など、行事に合わせて料理をするのも楽しいです」


それぞれの食材に合った調理をすることで、料理の腕もグンと上がりそうです。その行事にまつわる料理を作ったときには、友達を招いてホームパーティも楽しいかも! 


■「季節に合わせて、部屋の一部分を変える」(30歳/ブライダル関係)



「部屋の中の雰囲気を、季節に合わせて変えるようにしています。クッションカバーやベッドカバー、カーテンなど一部を変えるだけでもガラリと雰囲気が変わります」


大がかりな模様替えは大変だけれど、これならコストや手間もあまりかからずにできそう!

■「季節を満喫しに出かける」(25歳/公務員)



「春はイチゴ狩りやお花見、夏は花火大会、秋は紅葉を見に行ったり公園で栗拾いをしたり、冬は友達の家で鍋パーティ(笑)……など、季節感があることが大好きです。楽しみながら季節を感じられるので、ひとりでも出かけちゃいます!」


休みの日を利用して、自然と触れ合いに遠出してみるのも気持ちが晴れ晴れしそう。


■「フラワーアレンジメント教室やガーデニングで、季節を実感!」(29歳/メーカー勤務)



「フラワーアレンジメント教室に通っているので、季節のお花を使ったアレンジメントをする中で季節を感じています。また、ひとり暮らしのマンションのベランダでちょっとしたガーデニングも。狭いベランダだけど、やりはじめたらハマッてしまいました」


道を歩いていてふわっと香る「キンモクセイ」や「ぎんなん」の香りも、季節の移り変わりを感じさせてくれます。


すこし視点を変えてみると「春だから髪色を明るくしよう」だとか「夏だから、ビアガーデンで生ビールが飲みたい!」なんていう思いつきも、季節を感じている証拠。忙しいと今日が何日かも忘れてしまいがちだけど、刻々と移りゆく四季を感じる余裕を持っていたいものです!


(桜まゆみ/プレスラボ)



■関連リンク
【働く女子の実態】素足の季節、きゃしゃなサンダルが似合う美足に♪
【20代女子ランキング】「蒸し料理にして食べたい、春が旬の野菜」ランキング
【季節の行事としきたり特集】お茶をおいしく入れる方法って?

お役立ち情報[PR]