お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

彼に振られちゃった! 働く女子が失恋した次の日の出社エピソード

どんなに失恋でつらくても朝はくる。それと同時に仕事もやってくるのが社会人。気分やファンデーションがどんなにのらなくたって、満員電車にのらなくちゃいけない。そう思うと、なんだか社会人の恋愛におけるリスクをふと考えてしまったり……。
「あのころはきつかったなあ」と、今は失恋を乗りこえた女子に、失恋して思いっきり泣いた次の日の出社エピソードを聞いてみました!



■社内恋愛だったから、エレベーターでバッタリ(24歳/保険会社営業)

お互い同じ営業部だったので、できるだけ会わないように直接営業先に行ってから出社したら、向こうも同じつもりだったらしくエレベーターでバッタリ。振られた側の私が元気でいないと相手は余計気まずいと思って明るく挨拶して「これからは仕事仲間としてよろしくね」と声をかけたら、「いい女だな……」と、なんと彼が泣いてしまった。


社内恋愛は終わったあとが気まずいもの。お互いに不安だったのでしょうか。ちょっとの強がりが、きちんとやさしさとして彼に伝わったのですね。


■日常のありがたさが身にしみる(29歳/広告代理店)

つい下を向いては泣きそうになって、パソコンに向かって……の繰り返し。けれど、夕方ごろになると完全に仕事モードを取り戻して、帰宅するころにはちょっとだけ回復していました。帰りに、朝同じ道を憂鬱な気持ちで歩いていたことを思い出して、「仕事に救われたな」と思いました。


できるならしばらく出社したくない、なんて思っていても、体と頭を動かすことで救われることってありますよね。


■仕事人間になってやろうと思った(29歳/PR会社)

どんなにつらくても、ひとつのことに没頭しているとほかのことを忘れてしまう性格なので、仕事中はわりと平気でした。けれどその分、ほっとひと息をついた瞬間や帰宅後に一気に思いだして死にそうなくらいに落ち込んで……。さらに、その自分の落ち込みようが怖くなって、「一生仕事だけして生きていこう」と恐ろしい誓いを立てたのも、今ではいい思い出です(笑)


切り替えができる分、落差もすごいのでしょうか。一見うらやましくも思えるけど、どんな人にとっても失恋はつらいものですね。


■園長先生のひと言に涙が出た(28歳/保育士)

保育士なので、とにかく子どもの前では死んでも泣けないと思い、必死でこらえていました。そうしたら園長先生が私の様子に気づいて、「子どもの前だからとガマンしなくていい。うちの保育園は『先生も子どもも一緒に成長する』がモットーなんだから、泣いてもいい」と言ってくれて、すごく気が楽になりましたね。今の職場でよかったと改めて思ったいい一日でもありました。


なんて素敵な園長先生! 上司のありがたみが身にしみる話です。


■今までのがんばりがちょっと報われた(26歳/飲食業)

あまりのショックで前の晩に泣きすぎたせいか、声がかれて「いらっしゃいませ」の声がなかなか出なくなってしまいました。店長に風邪をひいたと勘違いされ、「今日は忙しくないから、無理しなくていい」と言われ早退。いつも急な残業とか休日出勤でデートを返上していたことが、今になって報われたのかな、なんて思いました。


もしかしたら、店長が気をつかってくれたのかも、とのこと。本当にそうだとしたら、なんだかキュンとしそうです。


喪失感いっぱいで仕事に向かうのはとてもつらいこと。失恋した次の日は「仕事をしている」という日常のありがたみが実感できる一日だと思って、がんばりたいと思います……。


(栗林弥恵/プレスラボ)



■関連リンク
【働く女子の実態】禁断の恋が後輩にバレて……社内恋愛「珍事件」
【働く女子の実態】女子たちが落ち込んだときに観る映画
【脱・マンネリ診断】恋愛に効く!恋のホンネ判定

お役立ち情報[PR]