お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

メイクしたままうっかり寝ちゃった! どんなケアをすればいいの?

「メイクをしたまま寝ると10歳老ける」とは知人の言葉。実際に一晩で10歳老けるわけはないけれど、メイクをしたまま眠りこけてしまったときの罪悪感はなんともいえないものです。でも、なんだかんだ忙しくて、疲れてそのまま寝てしまうことってあるんですよね……。


こんなとき、お肌のコンディションを取り戻すための方法ってあるんでしょうか? 青山研美会クリニック院長の阿部圭子先生に聞きました!



――そもそも、メイクをしたまま眠ってしまうと、肌にはどんな影響があるのでしょうか。


「油脂や顔料を含んでいるメイクは、紫外線や空気中の酸素によって時間が経つとともに酸化し、炎症や老化などの肌トラブルを起こす原因になります。メイクをしたまま眠ってしまうということは、古い油を顔にのせている状態で一晩過ごしているといっても過言ではありません!」


――こ、怖い……!


「また、肌は新陳代謝を行うことで常に美しい状態を保とうとしています。肌にとって睡眠は、新陳代謝が促される大事な時間。特に22時~2時は“肌のゴールデンタイム”と呼ばれ、肌の新陳代謝がもっとも活発に行われます。メイクをしたまま眠ると肌の新陳代謝が妨げられ、古い角質がたまって厚くなり、肌のみずみずしさがなくなってしまうのです」


――わかってはいたことですが、いいことがひとつもありません!


「そのとおりです! 肌を大事にしたいのなら、寝る前に必ずメイクだけでも落としていただきたいですね」


――先生のお話を聞いて、寝る前にはってでもメイクを落としたい気持ちになりました。が! 洗面台までたどり着けず、志半ばでメイクをしたまま眠ってしまう人もいると思うのです。メイクをしたまま眠ってしまった翌朝のケア方法を、ぜひ教えてください!


「メイクをしたまま朝を迎えた肌は、外的ストレスから守ってくれるバリア機能が低下し、肌トラブルを起こしやすい状態。ですので、目が覚めたら真っ先にメイクを落とし、シートパックなどでしっかり保湿ケアをしてください。中でも卵アレルギー以外の方にオススメなのが、卵白パックです。卵白に含まれている成分であるリゾチームには肌の炎症を抑える作用や皮膚を修復する作用、アルブミンには肌を引き締め、ハリを出してくれる効果があります」


<卵白パック> ※効果には個人差があるため、必ずパッチテストを行ってください。
1. 卵の卵白だけを取り出し、泡立てネットを使って泡立てる
2. 1で作った泡を顔にやさしく塗る。5分間放置したらぬるま湯ですすぎ、化粧水をつけて終了!


――肌に疲れが出た夜に試してみるのもよさそうです! 


「メイクをしたまま眠ってしまった人の中には、落とさずにそのままメイクをしてしまう人がいるようですが……これは絶対にNG! 肌トラブルをさらに悪化させてしまいます。一度は必ずメイクを落とし、保湿ケアをしてあげてください。そして、そのあとにするメイクは薄化粧に。肌力を回復させるためにも、翌朝の肌をできるかぎりいたわってあげてくださいね」


――ありがとうございました。


これまで「うっかりメイクしたまま寝ちゃった!」と笑い飛ばしていた自分を叱りたくなってきました。お肌さん、ごめんなさい。もうしませんから。


青山研美会クリニック
http://www.clinic-jp.com/akc/


(吉住夏樹/プレスラボ)



■関連リンク
【20代女子ランキング】『効果を感じた「大人のニキビ対策法」』ランキング
【働く女子の実態】オリーブオイル1本で美肌が手に入る!?
【escala生活白書】すっぴんの境界線

お役立ち情報[PR]