お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

結婚しちゃダメ!?-6

そんな博政くんは恋人というより、
友だちのようで兄のようで、でもだからこそ、
別れて他の誰かなんて考えられない、かけがえのない存在だ。

だけど、ママが一度何かを言い出したら、
まずそれを覆すことはできない。

迷った挙句、ひさしぶりに妹の由美にメールした。
「相談したいことがある」と送ると、意外にもすぐに
「じゃあ今、ウチくれば?」と返事があった。

わたしはすぐに彼女の好きなシュークリームを買い、
空いていて暖かな陽の注ぐ、電車に揺られていった。

「あー、ひさしぶり。前にあったの半年前?」
妹の住むワンルームには、実家では母が許さなかった、
台湾の映画スターのポスターが幾枚も貼られていた。

お正月も台湾旅行で、実家に帰らなかったくらいだ。
シュークリームを渡し、すすめられるままコタツに入る。

だが今までのあらましを話すと、
由美はキュッと口を尖らせて、こういった。

「お姉ちゃん、バッカじゃないの!」

お役立ち情報[PR]