お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

仕事に行き詰まったとき、次の日にむけての気分転換法って?

仕事に行き詰まったときなど「明日、会社に行くのヤダなぁ」なんて憂鬱になってしまうことってありますよね。だけど、いやが応にも明日は来てしまうモノ。そんな日は、きっぱり次の日までに気分転換できたらいいのだけれど……。働く女子のみなさん、気軽にできるアフター6の気分転換方法を教えてください!



■「やっぱり、お酒に限ります!」(24歳/IT系)



「仕事が終わったら、いろんな友達に電話して飲みに行くのに付き合ってくれる人を探します。飲みながら愚痴ってスッキリ! 誰もつかまらないときは、スーパーで奮発しておいしいおつまみを買って、ひとりで家で晩酌ですね」


翌日二日酔いで憂鬱……、なんていうのは嫌ですが、それでも前日から引きずってる憂鬱よりはマシかも!?


■「お菓子を作る。次の日会社に持っていく」(25歳/車関係)



「お菓子作りが好きなんです。私の場合、憂鬱になっているときは上司に怒られたときが多いのですが、次の日は上司にお菓子をプレゼント。それがパターン化しているので、『君は、打たれ強くていいね』なんて言われています」


怒られても次の日明るく出勤する姿勢には、好感度もアップ?


■「知らない街を散歩する」(27歳/栄養士)



「帰り道、いつもは降りない駅で降りてみて散歩をします。毎日通勤で通ってる場所に、知らない街並みが広がっているのはなんだか不思議な気分。花がキレイな公園やかわいい雑貨屋さんを発見したり、小さなうれしい出来事がけっこうあったりします。案外リフレッシュできちゃいます」


知らない街の風景を楽しみながらの散歩って、ポンッと現実から抜け出した気分になれそう。迷子にならないようにしてくださいネ!


■「図書館に行って絵画の作品集を見たり、文学に没頭したりする」(25歳/映像)



「ちょっと憂鬱な日は、仕事帰りに図書館へ行きます。仕事のことを忘れて文学に没頭したり、絵画の作品集を見たり。スケールの大きな芸術に触れると、自分の悩みがちっぽけなことに思えてきたりするんですよね」


たまには現実逃避を目的に、小説の主人公にどっぷり感情移入してみたりするのもいいかも?


■「あえて、ギャグ漫画やお笑いを見る」(29歳/化粧品)



「『浦安鉄筋家族』や『行け!稲中卓球部』とかのギャグ漫画を読んだり、お笑いのDVDを見てとにかく笑います。へこんでてあまり笑えなかったとしても、くだらないギャグで肩の力が抜けるので、意外といいですよ」


肩肘張って疲れちゃったときには、フゥッと少し休んでみるのもいいかもしれません。がんばりすぎると、疲れちゃいますもんね。


憂鬱なときって何もやる気が起きなかったりするけれど、無理矢理でも体を動かしてみたり、いつもと違うことをしてみることも大切なのかもしれません。あなたの気分転換法は何ですか?


(桜まゆみ/プレスラボ)



■関連リンク
【働く女子の実態】疲れがピーク! そんな時の、20代女子オリジナル「処方箋」
【働く女子の実態】憂鬱な気分にサヨナラ! 「ブルーマンデー対処法」とは?
【20代女子ランキング】「会社に行きたくない朝に、ヤル気を出すためにすること」ランキング

お役立ち情報[PR]