お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

先輩社会人に聞く! ホメられ上手ってどんな人?

先日、知人の男性が「後輩に誉めたくなるヤツがいるんだけど……」という話をはじめ、思わず「それってどんな人?」と興味津々に聞いてしまいました。誉められるのって思わず恐縮したり照れたりしてしまいがちですが、笑顔をスマートに返すことのできる、誉められ上手な人っていますよね。思わず誉めたくなるような人ってどんな人? 部下を持つ社会人のみなさんに聞いてみました!



■「卑屈になるほど謙遜しすぎない人」(32歳男性/広告代理店)



「『私なんか!』などとオーバーに卑屈になられたりすると、誉めたほうも気持ちよくないと思う。笑顔で、『ありがとうございます』と謙虚にお礼を言える後輩は、また次も誉めたくなります」


意外なコトで誉められたりすると思いっきり謙遜したくなりますが、過度に反応しすぎもNGなのかも?


■「素直に喜んでくれる人」(29歳男性/飲食店)



「うれしさを素直に表現してくれると、誉め甲斐があります。あんまりわざとらしく喜ばれるとちょっと萎えちゃいますが……」


微妙なあんばいが難しいところですが、素直な人ってみんなに好かれますよね。誉められ上手って、リアクション上手なのかもしれません。


■「向上心がある人」(34歳女性/不動産)



「誉めても調子に乗ることなく、向上心がある人。励みにして次につなげてくれる後輩は、かわいいので惜しみなく誉めてあげたくなる」


「励みになります」、「次もがんばります」なんてひと言が、先輩の心を揺さぶるのかも?


■「むやみやたらに否定しない人」(35歳女性/食品)



「せっかく誉めているのに、むやみやたらに否定されると正直ちょっとだけ面倒くさいです。以前後輩を『仕事ができるようになったね』と誉めたときに、『そんなことないです、全然!』としきりに否定されて、私の見る目が間違っているような感覚になった」


誉めてもらったことを否定しすぎちゃうのもよくないみたい。せっかくの誉め手の判断を否定してしまうことになりかねないので、気をつけたいところです。


誉められたときの対応って難しいものですが、自分がしたリアクションで、「もう誉めたくない」と思われちゃったら損。それなら断然、もう一度「誉めたい」と思われる人になりたいですよね。もちろん、誉められたときの対応だけじゃなくて、そもそも誉められるための行動をしなくちゃならないんですけど……。


(桜まゆみ/プレスラボ)



■関連リンク
【働く女子の実態】ほめられて育つ派? 叱られて育つ派? 働く女子500人にアンケート!
【働く女子の実態】これができたら嫌われない! 職場での“気遣い”
【escala新社会人白書】会社の先輩・上司と打ち解けるまでの時間は?

お役立ち情報[PR]