お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

引き締め効果バツグン!? ポールダンサーに聞きました!

「無理無理無理! 怖い!!」
足をポールにかけて空中で手を離し、上半身を反るアクロバティックな技。手を離すのが怖いと訴える生徒さんを両手で支え、ポールダンスインストラクターのKAORIさんは笑顔で話しかけます。
「大丈夫! ぜーったい落ちないから。あたしが支えてるからね。手を離してみて!」
おそるおそる両手をポールから離す生徒さん。次の瞬間、彼女の顔に歓喜の表情が!
「できたー!」



小さいころ、逆上がりを一生懸命練習したこと、覚えていますか? ポールダンスの練習風景は、まさにそんな一幕の繰り返し。KAORIさんにとって一番やりがいを感じるのは、ゼロからはじめた生徒さんが、ひとつの技をマスターした瞬間なのだそう。
「もうお母さんの気分ですよね。自分の教えている生徒が、初めてショーに出たときなんか、うれしくて泣いたりします」


全身の筋肉を使う難易度の高いポールダンス。最近ではエクササイズの一環としてはじめる若い女性が増えています。
ポールダンスインストラクターのKAORIさんに、そのお仕事についてうかがいました。


―腕も足も、筋肉で綺麗に引き締まっていらっしゃいますが、そのナイスプロポーションは、やはりポールダンス効果ですか?


「特に、上半身が引き締まりますね。胸筋や腕の筋肉も。エクササイズとしての効果はかなりあります。でも、それだけじゃない。毎回レッスンで鏡の前に立つだけでも、半年もたつころには、生徒さんの顔つきが明らかに変わってくるんです。ポールを握るだけで生徒さんにスイッチが入り、別人のような顔に。意識が変わることで、みんなどんどんキレイになっていきますね」


―ポールダンスをはじめたきっかけは?


「昔から日本舞踊を習っていたこともあって、踊りが好きだったんです。ずっと看護師をしていたのですが、そのころも、ダンスは続けていたし、モデルもしていました。ポールダンスと出会ったのは20代後半。あるファッションショーに出たときに、ランウェイの先にポールが用意されていて、とにかく見よう見まねでくねくねして(笑)。それしかできないことが悔しくて、本気で習いたいって思ったんです」


―なぜインストラクターになったんですか?


「ポールダンスって、ストリップのイメージが強いですよね。もともとストリッパーが高いヒールを履いて踊るとき、つかまるところがほしいのでポールを立てた、というのがポールダンスの発祥なんです。けれど、私がポールダンスをはじめたころ、ストリッパーのダンスというだけではなく、きちんとひとつのダンスとしてジャンルが確立しつつあったので、よしこれを広めよう! と決心しました。ストリッパーのように、脱ぐことで観客を沸かせるのではなく、脱がずにポールダンスの表現のみで観客を引き込もうと思ったんです」


―体を使うお仕事ですが、自己メンテナンスは大変?


「やはり筋肉疲労はものすごいですね。イベントやファッションショーなどで行うポールダンスのお仕事もいただいているので、影響が出ないようにかなり気をつけています。整体に行ったり、きちんと休める日を作ったり……」


―スケジュール帳、びっしりじゃないですか! ここまでKAORIさんがポールダンスに魅せられる理由は何ですか?


「バレエや日舞って、だいたい決まった振付けがありますよね。ポールダンスにはそれがなくて、表現の自由度が高い。人それぞれの『色』を表現できるんです。それが最大の魅力。だから、まずは基礎を教えて土台を固めたうえで、その生徒さんにしか表現できない『色』を引き出してあげるのが私の仕事ですね」


―今後の目標とは?


「近年変わってきたとはいえ、まだポールダンスに眉をひそめる人は多いです。だからいつか、バレエや日舞と肩を並べるくらいメジャーになって、昼間の大きなステージでショーをしたい。それからもうひとつは、私の育てている生徒さんたちが自信を持って踊れるようにサポートしていくこと。いつかは私のポールダンスを引き継いでいってもらえたらうれしいですね」


かつてKAORIさんがイベントに出演したとき、ショーを観て感動して泣いている女性の中に、涙する男性の姿もあったそう。ポールダンスの文化的価値が飛躍していくのも、そう先の話ではないかもしれません。


KAORIさんのブログはこちら
http://profile.ameba.jp/poledancer-kaori/


レッスンについてはこちら
http://ameblo.jp/poledancer-kaori/entry-10200376224.html


(弥恵/プレスラボ)



■関連リンク
【20代女子ランキング】「美容・健康・趣味に! 20代女子がやってみたいダンス」ランキング
【働く女子の実態】時間もお金も注ぎ込んで……働く女子が手に入れたいワザって!?
輝く生き方を叶えるお手本がいっぱい!

お役立ち情報[PR]