お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

87.事故

瑞希が病院に着いたとき、哲平はまだ治療中だったが、命には別状はないらしく、ひとまず、瑞希は胸をなでおろした。
「あなたが小高瑞希さん?」
看護師さんから哲平の私物を渡された。エコバッグが真っ赤に染まっている。
それを見てぞっとしたが、つぶれたトマトだった。
他にも野菜やら調味料やらが、バッグの中でぐちゃぶちゃになっている。
こんなにたくさんの食材を一体、どうして・・・

哲平は携帯のメールを打っていて横から来る車に気づかなかったようだ。
思わず瑞希は哲平のメールをチェックする。
未送信のメールが一通あった。ちょうど、哲平が事故に遭った時間に保存されている。
思わず、その内容を見て、瑞希は愕然とし、椅子に倒れこんだ。


お役立ち情報[PR]