お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

85.プロポーズ

杉山さんと再会してから何度驚かされたことだろう。
これはいわゆる世間で言うプロポーズなんだろうか?
頭が真っ白になってしまい瑞希はどう答えていいかわからなかった。
「哲平君のことはわかっている。それに突然すぎて混乱させてしまって申し訳ない。
でも、やっぱり瑞希ともうこれ以上、離れたくないんだ」
学生たちの喧騒の中、二人だけ別空間にいるような錯覚を覚える。
が、そこに衝撃的な連絡が携帯に入る。
「はい、小高瑞希は私ですが。警察?」


お役立ち情報[PR]