お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

83.あの頃には戻れない

杉山さんは大忙しらしく杉山さんが勤務する大学の学食で待ち合わせすることになる。
瑞希が学生だった頃に比べ、すっかりこの学食も様変わりし、垢抜けた感じだ。
昔、よくここに潜り込み、杉山さんの授業が終わるのを待っていた。
あの頃、彼を待ちながら、落書きしたテーブルはもうない。
当然、もうあの頃には戻れない。
現役の学生に混じって杉山さんを待つ間、瑞希の心に感慨深いものがこみあげてきた。

しばらく白衣姿でやってきた杉山さんは瑞希をキャンパスに連れ出した。
「こんなところに呼び出してゴメンね。時間がなくて。実はオーストラリアに行くことになったんだ」
「えっ!?」


お役立ち情報[PR]