お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

80.義姉

翌日、青森から義姉の真奈美が上京してきた。友人の結婚式に出席するためらしい。
が、ついでに瑞希に青森へ戻ってくるよう説得して欲しいと両親に頼まれたに違いないと瑞希は見当をつけた。 案の定、そうとう念を押されてきたようだ。
しかし、義姉は予想外のことを瑞希に告げる。
「もちろん、瑞希ちゃんが帰ってきてくれれば助かるし、嬉しい。でも、もし、何かしたいことや東京に好きな人がいれば実家に遠慮なんかしなくていい。私たちだけでやっていけなければ誰か人を雇うとか、自分たちだけでやっていけるだけのことをすればいいんだし。お義母さんのことも心配しないで。日常生活には問題ないから」
瑞希は真奈美の顔を愕然と見つめる。


お役立ち情報[PR]