お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

68.ファーストプライオリティ

そんな時、哲平の方から連絡をしてきた。いつもはケンカをするとたいてい、瑞希から謝る。年下の男性と付き合っている以上、それがルールだと決めていた。でも今回は亜佐美という女性のこともあり、少々意固地になっていた。杉山さんのことも多少関係しているかもしれない。
「ちょっと真剣な話をしたいんだ」
ケンカ中であることなど忘れているような言い方だ。
しかも、いつもどちらかと言えば、能天気な哲平にしては珍しく真面目な口ぶりだ。
真剣な話?


お役立ち情報[PR]