お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

63.杉山さんへの未練?

日ごろの疲れを癒すため瑞希は香織と都内のホテルのスイートルームに一泊することにした。エステつきの手ごろなレディースプランを見つけたのだ。
しかし、瑞希がコンビニで買った一泊用のスキンケアセットを見つけるなり香織は深いため息をつく。
「瑞希、たった一泊だからいいやってスキンケアを怠るようになったらダメよ。私たちはこれからがプリマヴェーラなんだから」
確かに香織は一体、何泊するんだろうというくらいの化粧品一式を持ち込んできた。
それになんだかいつもよりテンション高く、意気揚々としている。


お役立ち情報[PR]