お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

62.杉山さんへの未練?

実家の母のこともあり、バタバタしていた瑞希は哲平との連絡も途絶えたままだ。
ビンのピーナッツはほぼ満杯になっていた。今回はそのタームが少し長いことに多少の不安はあったものの、瑞希は余裕で構えていた。それはもちろん杉山さんのことがあるからに他ならない。
哲平と付き合い始めて以来、こんな気持ちになったのは初めてだ。


お役立ち情報[PR]