お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

59.懐かしい香り

恋とは時に嗅覚でもするもんだと、聞いたことがある。
昔の男性の言ったことや、しぐさなどは忘れても“匂い”だけは体が覚えていることもある。確かに昔、付き合っていた男性と同じコロンやトワレの香りを嗅いだとき、何でもない男性にドキッとしたことがある。
今、杉山さんからは昔と同じ香りがした。
杉山さんがゆっくりと自分を放す。
「今回が再会じゃなくて初対面だったら、また僕たちって違っていたのかな?」
最後に杉山さんに意味深なことを言われ、瑞希はさらにドキドキを募らせていった。


お役立ち情報[PR]