お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

35.ドタキャン

しかし・・・哲平にドタキャンされた。仕事のトラブルにまきこまれたと連絡が入った。ワクワクしていた気持ちが空気を抜かれた風船のように急速にしぼんでいく。そしてなんだか年下の男相手に浮かれている年増の女のような気分がしてきて虚しさがこみあげてくる。さすがにもう仕事と私とどっちが大事なんて野暮なことを聞いたりはしない。でもこの日は哲平にとっても自分にとっても重要な日だったはず。
「もう誕生日がイベントでなくなる年齢なのかもしれないな」
と瑞希はひとりごちた。  


お役立ち情報[PR]