お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

31.実家からの電話

「そのとき、杉山さんと哲平君とどっちの顔が浮かんだ?」
香織が最近、ハマっているハーブティーを入れてくれた。
水族館での杉山さんとの再会を報告したとき、瑞希よりも興奮していたのは香織だ。
「相手ぐらいいるわよって言った時、どっちの顔が浮かんだのよ!」
香織のきつい質問に瑞希は息が詰まって、即答できなかった。  


お役立ち情報[PR]