お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

21.正しい名刺交換

久しぶりに会った元カレにあからさまに連絡先を訊くのも不自然だ。まして哲平の前で。
しかし、このまま何も訊かずに別れるのもどこか名残惜しかった。
それは杉山さんも同じ気持ちだったのだろう。
だから、こういう時の名刺交換は恐らく正しい、と思う。

しかし、びしょぬれになってしまった瑞希と哲平は結局、レストランには行けず、いつもの通り、瑞希の家で夕食をとることにする。
でも瑞希は助かった。はっきり言って杉山さんに会って動揺していたからだ。レストランでは逃げ場がない。動揺している自分の姿を哲平の前でさらけ出してしまうことになる。
今日は哲平との待ち合わせに始まり、ドキドキのオンパレードだった気がする。
そしてこの杉山さんとの再会が瑞希と哲平の運命を狂わしていくことになるとは、瑞希はまだ知る由もなかった。


お役立ち情報[PR]