お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

15.待ち合わせ

翌週の日曜日、瑞希は少しだけお洒落して哲平との待ち合わせに場所に出かけた。
香織の言う通りだ。最近、スウェット姿しか見せていないことに気づく。
そして久しぶりの待ち合わせにこんなにドキドキしている自分に驚く。
昔、哲平を待っている自分の顔を哲平に見られるのが恥ずかしくて待ち合わせ場所から少し離れたところで待っていた。そして哲平が到着すると今、来たかのようにそそくさと自分も姿を現したのだ。哲平はいつも自分の方が先に待っているとブーブー言っていたっけ。
そんなことを思い出すのも楽しくって新鮮な気持ちになってきた。
「何、ニヤけてるの?」
哲平が来たことさえ気づかなかったようだ。なんだか、おかしい。
この姿を見られたくなくて昔はあんな風に隠れていたのに。
やはりデートは正解だったようだ。


お役立ち情報[PR]