お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

むくみやすいのは脚だけじゃない! 二の腕と顔のむくみ改善法

多くの女性たちがデスクワークをする上で注意しているであろう、脚のむくみ。「帰り際にふくらはぎがパンパン!」なんてことにならないよう、デスク下で密かに脚を上げ下げしたり……。人知れず、涙ぐましい努力をしている人も多いはず。ところが、長時間のデスクワークでむくみやすいのは、脚だけではないのだそう。



「長時間のデスクワークは脚だけでなく、二の腕や顔もむくみやすい状態と言えます」と話すのは、アンチエイジングデザイナーの村木宏衣先生。


えぇ! 脚だけでなく、二の腕や顔もパンパンになっちゃうってこと!?


「デスクワークでは腕を常に曲げている状態になるため、女性が気にしやすい二の腕のタプタプした部分の筋肉はほとんど使いません。すると、体内循環を担うリンパの流れが滞って二の腕の筋肉に老廃物がたまり、むくみやすくなるのです。また、長時間パソコンに向かっていると肩や首を酷使し、同じくリンパの流れを滞らせてしまいます。結果、顔に老廃物がたまり、むくみやすくなる原因に」(村木先生)


ちなみに、むくんでいる状態が長く続くと、どうなってしまうのでしょうか?


「老廃物が長い間滞っていると、脂肪が蓄積しやすい環境を作ってしまうことになります。そのため、二の腕は太くなり、顔は二重アゴ、首についてはシワが目立ってしまうなどが考えられますね」


二の腕は太くなり、顔は二重アゴ、首のシワ……。想像しただけで、背筋がゾッとしました。そうならないためにも、ぜひ二の腕と顔のむくみ改善方法を教えてください!


【二の腕編】
<手順>
1. 右腕を下げたまま、手のひらを正面へ向ける
2. 左手の親指を右腕の二の腕部分(タプタプが気になる部分)にあて、痛気持ちいい程度の力でつかむ
3. 2の状態のまま、右ひじの曲げ伸ばしを20回行う。このとき、つかんでいる親指で二の腕の筋肉の動きを感じながら行うことがポイント!
4. 左腕も同様に行う


先生いわく、痛気持ちいい感覚が減るとリンパの流れが促進されている証拠とのこと。親指で筋肉をマッサージしているみたいで、なんだか気持ちいいかも!


【顔編】
<手順>
1. 親指をアゴのえら部分(耳の下周辺)に引っかけるようにしてあてる
2. 1の状態をキープしたまま、声を出さずに「あ、い、あ、い」と口を動かす。これを15回くり返す


「上記のケア方法は、2~3時間に1回は行うようにしてくださいね」と村木先生。


「むくみ改善の近道は、同じ姿勢を長時間続けないこと。1時間に1回は大きく伸びをしたり、席を立ったりなど、できるかぎり全身の筋肉を動かすように心がけましょう」


ありがとうございました。
たかが「むくみ」とあなどるなかれ! 帰宅時にも、スッキリとした脚、二の腕、フェイスラインでいるために、習慣づけたいと思います……!


村木先生が代表を務めるエステ「スタイルM」オフィシャルサイト
http://www.style-m.jp/


(吉住夏樹/プレスラボ)



■関連リンク
【働く女子の実態】職場で快適に過ごせる、女子たちの足元の工夫
【働く女子の実態】むくみや美肌に効果的なお茶は? ティーコンシェルジュに聞きました!
【20代女子ランキング】20代女子に聞いた「一番試したい小顔ケア法」ランキング

お役立ち情報[PR]