お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

愛される資格-5

雄太の目がまん丸に開いて、口が小さくポカンと開いた。

「なんだよ、いきなり。オレは疲れてるんだよ。
 休みの日ぐらい休ませてくれよ」

彼の言葉に、自分の血がどんどん頭に上っていくのがわかる。
「働いてるのは、わたしも一緒でしょう」

「麻子はオレより帰りも早いし、
 そんなに大変な仕事も、してないだろ」

「ちょっと、わたしの仕事が大したことないって、
 なんで雄太に決められるの! なんで分かるの!」

最後はもう、隣近所の迷惑も考えずに怒鳴っていた
……というより、叫んでいた。

「なんだよ、人のせいにばかりしやがって」

怒鳴り返した雄太は「ふざけんなよ」とつぶやくと、
上着と財布を持って何も告げずに外へ出て行った。

雄太が出て行った後、わたしは小さくため息をついた。
とうとう言ってしまった、という後悔と満足。
どちらかというと、清々しさが勝っているかも。

お役立ち情報[PR]