お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 働き方

大学卒業と同時に上京 最初は派遣社員として就職

 今回の働きママ、勝部さんは島根県生まれ。PR会社で働きながら、カメラマンのご主人とともに長女ひなたちゃん、長男走太くんを育てています。勝部さんが上京したのは、大学卒業と同時。最初は商社で派遣社員として働き始めました。正社員ではなく、派遣社員として働き始めたのは理由があったといいます。
「大学4年の時に、同じ島根出身の主人と付き合い始めました。当時、主人はすでに東京で働いていて、彼を通して東京と島根の就職状況は全然違うんだということがうっすら分かったんです。それで、『何も分からない状態で就職を決めるより、東京で一度働いてから、自分のやりたい仕事を探したい』と思いました」。
 在学中に社会人として必要なパソコンスキルやマナーなどを身につけるスクールに通った成果もあり、東京での社会人生活は順調にスタート。派遣社員として事務を担当した2年間はすぐに過ぎました。
「その時に男性社員の方の働きぶりを見たこともあって、『自分ももっと世の中を動かすような仕事がしたい』と思ったんです」。
 その後、ご主人の仕事を手伝いながら就職活動をして、現在勤めるPR会社への就職が決まりました。

▲「伝えたいメッセージが世の中に出ていったときの喜びは大きいです」と話す勝部さん
勝部里香さんのプロフィール:
1975年、島根県生まれ。大学卒業後、商社で派遣社員として2年働いた後、2000年にPR会社・現在のインテグレートグループ「コムデックス」に入社。商品のブランディングやメディアへのプロモーション活動、イベントでのプレス対応などを担当。2001年に結婚、2002年2月に長女ひなたちゃん、2004年2月に長男走太くんを出産。

お役立ち情報[PR]