お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

1番自信がないのは、“眉の描き方”!? 「プロに教えて欲しいメイク・スキンケアテク」ランキング

雑誌やテレビ、ネット、友達との情報交換などで培ってきたメイク・スキンケアのテクニック。でもなかなかうまくいかないとき、ふと思いませんか? 「私のやり方は間違っているのではないか」と。みんな、どんなことで悩んでいるのか、『プロに教えて欲しいメイク・スキンケアテク』について調査してみました!



 ●第1位/左右をそろえるのって難しい。「眉の描き方」……22.8%
 ○第2位/何色つけたらいいのか分かってません。「自分にあったメイクの色」……22.2%
 ●第3位/夕方にはすっぴんに戻ってます。「化粧崩れの直し方」……20.4%
 ○第4位/いつもガタガタになっちゃいます。「アイラインの引き方」……8.8%
 ●第5位/キレイにグラデになりません。「アイカラーの塗り方」……6.4%
 ○第6位/基礎から全然分からないんです。「スキンケアの順番」……6.0%
 ●第7位/なぜだか、自分だとカールアップしないんです。「マスカラの塗り方」……4.6%
 ○第8位/おてもやんにならない方法を教えて! 「頬紅の入れ方」……4.0%
 ●第9位/自分でやると宝塚みたいになっちゃう。「ノースシャドーの入れ方」……3.6%
 ○第10位/メイクがキレイに落とせません。「洗顔の方法」……1.2%


第1位は意外と難しい「眉の書き方」でした。実に22.8%の人が自信のない眉を描いているようです。少しの差で顔全体の印象がガラッと変わってしまう眉。プロに教えてもらって上達すれば、女子力を高める近道になるかもしれません。
つづいて第2位は「自分にあったメイクの色」。20代女性の22.2%は迷いのある色選びをしているようです。いろいろ試してもどれも合っている気がしなかったり、がんばったのに「顔色、具合悪そうだね」と言われてしまったりと、なかなか難しい色選び。いっそプロに「これ!」と決めてほしいですよね。
第3位には「化粧崩れの直し方」がランクイン。20.4%の人は満足のいく修復ができないままその日をやり過ごしているようです。直したつもりが余計ひどくなった経験がある人も多いのでは?
もし何か不安に感じるテクニックがあれば、この機会にプロの講座を受けてみるのもいいかもしれませんね!



★関連リンク
20代女性の「やったことがある、話題になった美容法」ランキング
【escala生活白書】「すっぴんの境界線」
【占い・診断】やっぱり知りたい! ホントの自分 「ココロを表すカラー診断」


お役立ち情報[PR]