お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

「ノーブラ快適」75%! 女子とブラの微妙な関係

ブラジャーを身に着ける男性、通称「ブラ男」さんをご存じですか? 彼らは必ずしも女装が趣味というわけではなく、ブラを着けることによって安心感やリラックス感を得ているのだとか。それを聞いてへぇーと純粋に驚くと同時に、素朴な疑問が。「ブラってそんなに着け心地の良いものだっけ?」。個人的には、むしろブラをしていないときの方が断然快適なのですが……。そこで500人の働く女子にアンケートを実施。「あなたにとって、ブラって着けてて楽なモノですか?」



アンケートの結果はこちら。
■ブラを着けている時の方が楽だ・・・25%
■ブラを着けていないときの方が楽だ・・・75%


やっぱり! 女子にとってブラは必ずしも「快適を生み出す存在」とは言えないようです。アンケートから分かった女子的ブラ最大のデメリットは、着用時の「締め付け感」でした。サイズが合うものを着ければ良いとは聞くけれど、「どんなに選び抜いたブラでも多少は締めつけ感があり、不快に感じることがある」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)というのが多くの女子の本音なのでしょう。


そして「ブラなしが楽」派が口を揃えて主張したのは、ブラを着けていない時の「開放感」および「解放感」の素晴らしさ。この2単語を、アンケートの中でいくつ発見したことか……。しかしこれらの心地よい感覚はそもそも、胸を締め付けるブラの存在があってこそ得られたもの。この喜びもブラからの贈り物と心して、ありがたく承りましょう(笑)。


一方、「着けている方が楽」派の理由は「守られてる感がある」(22歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)、「着けていないと胸が垂れそうで気が気じゃない!」(25歳/商社・卸/事務系専門職)、「シルエットが綺麗にみえるし、しゃきっとした感じがするので」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)など。


開放感(解放感)の代わり得られる安定感や、ボディラインに対する美意識、さらに気持ちのスイッチをONにする心理的作用が、ブラ支持に繋がっているようです。もちろん言うまでもなく、胸の大きい女子にとっては欠かせぬ存在ですよね。


最後に、アンケートに協力していただいたみなさんに「理想のブラ」について語っていただきました。


「大人になってもどんどん胸が育つブラ」(25歳/情報・IT/技術職)、「蒸れない、苦しくない、でもボリュームアップ」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)、「苦しくないが横になった時にも肉が流れず、きちんとした山型の胸を維持してくれるブラ」(24歳/情報・IT/技術職)、「ジェルパッドの入ったスポーツブラ」(29歳/機械・精密機器/事務系専門職)、など。


出来ることなら「ノーブラでもオッケーな世の中になって欲しいです」(27歳/金融・証券/事務系専門職)と思っている女子も少なく無いかも知れないけれど、なんだかんだでブラと女子の深いお付き合いの歴史は、しばらく更新されていきそう。そんなわけで下着メーカーさん、「理想のブラ開発」の研究を、引き続きよろしくお願い致します!


(つくしの万葉/プレスラボ)



■関連リンク
【escala生活白書】寝るときにブラジャーをつける? つけない?
【女子の実態】バストアップが可能って本当? セミオーダーブラを試してみた
【escala生活白書】ブラジャーを洗うタイミング

お役立ち情報[PR]