お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

働く女子に聞きました! 泣きそうになったときどうしてる?

仕事で大きなミスをしてしまったり、きつく注意されてしまったり……。仕事中とはいえ、思わず涙がこみあげてくることってあるもの。涙をこらえるのってなかなか大変なものですが、「絶対泣かないんだから!」と頑張る女子たちはどうやって涙を我慢しているのでしょう。教えて!



■やらなくちゃいけないことを考えて、泣きたい気持ちを忘れる(26歳/薬剤師)

「注意されている内容よりも、その後にすべき行動を考えるようにしています。『アレもしなきゃ』『コレもしなきゃ』と考え出すと、涙よりも冷や汗が……」


「泣いている場合じゃない!」と我に返るわけですね。私の場合、その後の行動を考えて泣きそうになってしまうかも……(笑)。


■笑う!(22歳/販売員)

「涙があふれ出そうなときほど、口角を上げ、笑顔を作ります。これがビックリするほど、涙をこらえることができるんですよ! 上司に『ヘラヘラするな!』といわれそうだけど、職場で大泣きするよりはマシかなと思ってます」


「苦しいときこそ笑え」とはよく聞く言葉ですが、笑顔パワーはあなどれない様子。ただ、笑い過ぎちゃったら大変ですけどね。


■「泣きそうになったりしてバカじゃないの?」と心の中で冷静に自分に語りかける(26歳/営業)

「怒られていることについて『悔しい』と思ったり『恥ずかしい』と思ったりすると涙が出てしまう。『大したことじゃないし、泣くなんて同情されたいだけなんじゃないの? バカみたい』と自分に語りかけると興奮状態だった頭の中がスーッとします」


ひとりツンデレ? そんなことを考えている横顔が見てみたい!


■ゆっくりと腹式呼吸をする(26歳/編集)

「おへその下あたりを意識しながら、ゆっくりと深呼吸をします。涙も気持ちも落ち着きますよ」


これは、泣きそうなとき以外にも使えそう!


■「コンタクトにゴミが……」と誤魔化す(23歳/保育士)

「その後は、『ちょっとトイレ行って見てきます!』。バレているかもしれないけど……」


うーん、バレてそうだけど、みんなの前で泣いちゃうよりはいいですね。


■まばたきの回数を増やす(23歳/放送)

「涙があふれ出そうになったら、いつも以上にまばたきをします。ポイントは、少し上を向いた状態ですること! 泣きたい衝動がゆっくりと引いていくような気がするんです」


逆にあふれた涙がポロっといっちゃいそうな気もするけれど?




「だけど涙が出ちゃう……、女の子だもん」なんてひと昔前のアニメではいっていたけれど、泣きたくても泣けないのが社会人の現実。ときには家に帰って思いっきり泣く、というのもひとつのデトックスになるかもしれません。


(吉住夏樹/プレスラボ)



■関連リンク
【escala仕事白書】仕事中に泣いてしまう人について
【働く女子の実態】onとoffの切り替え術、あなたはどうしてる?
【escala仕事白書】仕事中に泣いたことある?

お役立ち情報[PR]