お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

出会いの森の迷い子-5

窓口では担当者の浅賀さんと、
カウンセリングというより談笑しながら相手を決めた。

最初は、やはりおとなしそうな人がいいかな。
それにプラス「顔が自分の好み」という理由で、
田村さんという男性とのカップリングをお願いした。

すると結婚情報サービスのシステムを通して、
翌日には、もう田村さんからOKの返事が来た。

かくして週末には、未知の異性と二人で食事が決定!
すごい! これで結婚決まっちゃったらどうしよう!?

ウキウキしながら、指定のレストランへ向かった。

「どうもはじめまして、三浦静香といいます」
「どうも、田村涼二です」

田村さんは髪を短く刈り、清潔に整ったダークスーツだ。
顔は悪くないけれど、ちょっとキツそうかな。

「お仕事は、浄水器メーカーにお勤めだそうですね」
「ええ」
「お休みの日は、何をしてすごしていますか」
「寝てるかDVD見てます。流行りのが多いかな」

お役立ち情報[PR]