お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

仕事の効率を上げるための「万能メモ術」とは!?

次から次へと飛び込んでくる案件に追われるものの、一日の仕事が終わった後に振り返ってみたら、「あれ、これだけしか仕事してなかったっけ……?」。いかに効率よくこなすかがキモとなる仕事ですが、どうやったら速やかに効率をアップさせることができるのでしょう……。


ビズアーク時間管理術研究所の水口和彦さんに聞いてみると……。



「メモを活用するのが一番効果的です。効率が悪くなるひとつの原因として考えられるのが、記憶の不完全さ。人間は『記憶』に関して優れていると言い難いところがあるのです。記憶力をカバーするために、積極的にメモを使いましょう」


わかりました! ……といったものの、普段取るメモといえば、打ち合わせ内容を忘れないように書き留めておく程度の私。効率良く仕事をこなすためのメモって、どんなものなのでしょう?


そこで水口さんに、3つのメモ術をご紹介いただきました!


■段取りメモ

「作業におけるムダを省くことができます。メモのポイントは、最初に作業の手順を書き出し、さらに後で思いついたことがあれば余白に書き足すこと。そのメモを見ながら仕事を進めていくと作業にモレがなく、効率的に仕事を進められます」


TODOリストを作る人は多いと思いますが、後から思いついたことを書き込むスペースがポイント!? 


■発想メモ

「自分の考えやアイデアを出すときに役立ちます。ポイントは、『つまらないことかなぁ』なんて思わず、どんどん書き込んでいくこと! そのアイデアをきっかけに、いい案を思いついたり、ほかの企画とあわせることで新しいものが誕生するかもしれませんよ」


いわゆる、ネタ帳ってやつでしょうか。「後でメモしておこう」って思って忘れちゃうコトって多いんですよね……。


■決断メモ

「AとB、どちらがいいか迷ったときに役立つメモ。それぞれのメリットやデメリットを書き出していきます。こうすることで考えが整理され、決断を下しやすくなります。仕事だけでなく、プライベートで気持ちを落ち着かせたいときにも役立ちますよ」


頭の中だけで考えようとすると「あっちも捨てがたい!」なんて堂々めぐりになってしまうこと、ありますよね!


こうしたメモ術は、パソコンよりも手書きの方が効果大なのだとか。


「パソコンで打ち込もうとすると、内容がまとまってから書こうと思ってしまいがちです。しかし、本当に大事なのは、書き込みながら考えをまとめていくこと。手書きで気軽にメモした方が、かえって効率的なんです」


「効率を上げるためのメモ!」と気負わず、思いついたらすぐにメモ! 私も面倒くさがらず、メモをとる習慣をつけることから始めたいと思います。




ビズアーク時間管理術研究所
http://www.bizark.co.jp


「理系的」仕事術(すばる舎)
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E7%90%86%E7%B3%BB%E7%9A%84%E3%80%8D%E4%BB%95%E4%BA%8B%E8%A1%93-%E6%B0%B4%E5%8F%A3%E5%92%8C%E5%BD%A6/dp/4883997995
※PCのみで閲覧可能です。


(吉住夏樹/プレスラボ)



■関連リンク
【働く女子の実態】会議でデキる女と思わせるための7の方法
【働く女子の実態】テンパリストのためのToDo管理術
【20代女子ランキング】働く女性に聞いた「通話&メール以外で、使い出すと便利だと思う携帯電話の機能」ランキング

お役立ち情報[PR]