お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

“法律の知識”って、今の生活で必要だと感じてる? 20代女子に聞く「一番、法律に詳しくならなくちゃと思ったとき」ランキング

いよいよ裁判員制度が開始されましたね。あなたにも突然召集がかかるかもしれませんし、今まで以上に“法律”が身近な問題になってきているのではないでしょうか。
ただ、“法律”は裁判のためにあるわけではありません。裁判員にはならなくても、日常生活の中でも法律が必要なときはたくさんあるはず。というわけで、働く20代女性が「法律に詳しくならなくちゃ!」と思った瞬間は一体いつなのか、調査してみました。



 ●第1位/年金や保険の書類をみても、よく分からなかったとき……43.4%
 ○第2位/特に法律に詳しくなろうと思ったことはありません……17.4%
 ●第3位/事務職からのステップアップ! 資格を取ろうと調べたとき……9.0%
 ○第4位/会社の事務処理に法律用語がたくさんでてきたとき……8.2%
 ●第5位/残業代が出ない!? 会社の待遇が相談がないまま変わったとき……8.0%
 ○第6位/ついに結婚! でも、いろいろな書類を提出しなきゃいけなくなったとき……5.2%
 ●第7位/引っ越しのとき、敷金礼金の返還で減額されたとき……3.2%
 ○第8位/ついにマンション購入!? でもパンフレットが難しかったとき……3.0%
 ●第9位/通信販売で買った商品が思っていたものと違ったとき……1.4%
 ○第10位/車を購入するときの手続きが意外に大変だったとき……1.2%


43.4%というダントツの票数を獲得して第1位になったのは、「年金や保険の書類をみても、よく分からなかったとき」でした。年金に健康保険に医療保険に……、細かくてよくわからないけど、少なくないお金を払っているのだから仕組みくらいは知っておきたい! そんな思いを抱いている人はかなり多いよう。
そして「特に法律に詳しくなろうと思ったことはありません」が17.4%で第2位に。確かにあまり詳しく知らなくても日常生活への影響は少ないですが、契約書くらいは目を通して理解できるようにはなっておきたいものですね。
第6位には「ついに結婚! でも、いろいろな書類を提出しなきゃいけなくなったとき」がランクインしました。結婚に関する書類の提出もそうですが、結婚生活の中で直面するだろう“法律が必要な場面”を想像すると大変ですよね。
法律は難しそうでちょっと……、そんな風に思っているあなた、必要になってから焦る前に、少し調べておくといいかもしれません。もしかしたら得する情報が見つかるかも?



★関連リンク
子育て、雇用、残業問題……。働く女性に聞いた「今一番改善して欲しい社会問題」ランキング
【escala仕事白書】「ビジネスマナー自信ある?」
【占い・診断】いざ!というときも大丈夫!?人生サバイバル力診断


お役立ち情報[PR]