お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

疲れたココロに力をチャージ! 20代女子に聞いた「仕事で落ち込んだときに一番思い出したい格言」ランキング

失敗したり、勘違いされたり……、仕事をしていると辛いこともあります。でも、いつまでも落ち込んだままじゃいられませんよね。そんなときの励みになる、過去の偉人の格言。あなたはどの言葉で元気が出そうですか?



 ●第1位/「お前の道を進め、人には勝手なことを言わせておけ。」ダンテ・アリギエーリ……20.4%
 ○第2位/「何もかも失われた時にも、未来だけはまだ残っている。」ボブ・ディラン……16.8%
 ●第2位/「人間は負けたら終わりなのではない。辞めたら終わりなのだ。」リチャード・M・ニクソン……16.8%
 ○第4位/「涙とともにパンを食べたものでなければ人生の味はわからない。」ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ……9.2%
 ●第5位/「遅くなっても、まったく行かないよりはマシだ。」リヴィ……7.4%
 ○第6位/「人生は退屈すれば長く、充実すれば短い。」フリードリヒ・フォン・シラー……7.2%
 ●第7位/「あまり人生を重く見ず、捨て身になって何事も一心になすべし。」福沢 諭吉……7.0%
 ○第8位/「人生は道路のようなものだ。一番の近道は、たいてい一番悪い道だ。」フランシス・ベーコン……5.4%
 ●第9位/「人生はクローズアップで見れば悲劇 ロングショットで見れば喜劇。」チャーリー・チャップリン……5.2%
 ○第10位/「いい日は幾らでもある。手に入れるのが難しいのはいい人生だ。」アニー・ディラード……4.6%


第1位は中世イタリアの詩人、ダンテ・アリギエーリの「お前の道を進め、人には勝手なことを言わせておけ。」という言葉に決まりました! 自信を失ったときも、力強いこの言葉を聞けば元気を取り戻せそうですよね。
第2位はアメリカのフォークシンガー、ボブ・ディランの「何もかも失われた時にも、未来だけはまだ残っている。」でした。今がどんなに苦しくても、乗り切った先にはきっと輝く未来が待っている……、そう思えるような一言です。
第5位は「遅くなっても、まったく行かないよりはマシだ。」、古代ローマの歴史家リヴィ(ティトゥス・リウィウス)の言葉です。何かを始めたいのに、年齢を気にして躊躇してしまうようなときに聞きたい名言ですね。
さまざまな艱難辛苦(かんなんしんく)を乗り越えて歴史に名を刻んだ偉人たち。他にもまだまだ多くの格言があります。この機会に、自分のお気に入りの格言を探してみてはいかがでしょうか?



★関連リンク
【働く女子の実態】働く女子たちが彼に惚れ直した言葉とは
【escala仕事白書】「仕事中に泣いてしまう人について」
【占い・診断】疲れた心が癒される!働きウーマンに贈る、ポジティブ・メッセージ占い


お役立ち情報[PR]