お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

疲れがピーク! そんな時の、20代女子オリジナル「処方箋」

「塵も積もれば山となる」……日々、少しずつ蓄積された疲れが、ドーンと一気に爆発! 仕事で究極に疲れた時、あなたはどうやって回復していますか? こんな時に効く、女子たちのオリジナル「処方箋」には、こんなモノがあるようです。



■「母親にマシンガントーク」(26歳/栄養士)

「疲れがピークに達した時は真っ先に実家に電話。仕事の話に限らず恋愛の話、人間関係の話まで、ひたすら母親に喋り続けちゃいます。2時間以上の長電話をしたことも。母親は何事にも親身になってくれるので、なんだか勇気が出るんです」


自分のコトを良くわかってくれて、いつも味方でいてくれる親の存在。心強いですね!


■「ひとりで思いっきり泣く」(24歳/アパレル)

「究極に疲れた時は、ひとりでワーワー泣いちゃいます。『この世の終わりか』と、自分で突っ込みたくなるぐらいの泣きっぷり(照)。だけど不思議なことに、思い切り泣くと次の日はケロっとして復活できちゃうんですよねぇ」


涙と一緒に、疲れもどこかへいっちゃうんでしょうか。次の日の目の腫れは免れませんが、自分に正直なのが一番! 泣きたい時は思う存分泣いたらいいですね。


■「クラブで踊りまくる」(22歳/医療)

「普段は全然行かないのですが、疲れのピークを超えた時は、クラブで踊りまくって大はしゃぎ! お酒を飲んで友達とワイワイすると、心が元気になって、仕事の疲れも吹っ飛びます!」


踊り明かした次の日には、体はグッタリ疲れていそうだけれど……? 心が元気なら、体の疲れは気にならない!?


■「高級ホテルのラウンジへ」(28歳/メーカー)

「仕事帰りにちょっと奮発して、コーヒー一杯○千円の、高級ホテルのラウンジへ。洗練された空間の中で美味しいコーヒーを飲みながら、ゆっくりと読書をします。仕事でピーンと張っていた緊張がほぐれ、疲れもやわらぐ気がします」


日常とはかけ離れた優雅な空間で、リフレッシュ! 気分転換にもなるし、たまにはこんな奮発のしかたをすれば、心に余裕ができそう!


■「犬とハグ!!」(28歳/塾講師)

「嫌なことがあっても、どんなに疲れていても、家に帰ればいつでも笑顔で迎えてくれる私の愛犬。ギュッとハグすると、スゴク元気になれます」


可愛いペットの無邪気な姿から、「明日も頑張るぞ!」とエネルギーが貰えそう。




「私の疲れには、これが効く!!」……そんなオリジナルの方法を実行すれば、究極に疲れたときも、元気になることができるようです。あなたの自分だけの「処方箋」はありますか?


(桜まゆみ/プレスラボ)



■関連リンク
【20代女子ランキング】20代女性が「普段の生活で、一番『疲労を感じる瞬間』」ランキング
【働く女子の実態】onとoffの切り替え術、あなたはどうしてる?
【escala生活白書】ストレス発散&解消法、教えて!

お役立ち情報[PR]