お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

恋愛に効く色は? ここぞという時の洋服・小物カラーテクニック

身につける色が人の印象を左右するとはよく言うけれど、実際に洋服や小物を選ぶときってどうしても自分の好きな色を選んでしまいがち。周囲に与える印象を知るのって案外難しいものです。


カラー&インテリアコーディネイターの本間美於さんに聞きました。


まず、仕事の際に気をつけたい色の使い方を教えてください!



「打ち合わせなど、仕事においての大事なシーンでは、信頼感を得やすい『紺』がオススメ。警察官や企業の制服にも紺が多いですよね。また、『ここぞ!』というプレゼンでは、相手にパワーとエネルギーを感じさせる『赤』をアクセントとしてポイント的に使うのもいいでしょう」


「これはNG」という色はありますか?


「色自体よりも配色に気をつけましょう。コントラストの強い配色はNG。アクセント程度であればOKですが、コントラストを強調しすぎるような色の使い方をしてしまうと、相手の意識があなたの話よりもそちらにいってしまうかもしれません」


そういえば、ファッションだけではなく、アイシャドウやチークなど、濃すぎるメイクに目がいってしまうことってあるような気がします。


それでは、恋愛に効く色ってあるんでしょうか?


「色が与える印象から考えると、男性に好まれやすいのはやっぱり『ピンク』と『白』ですね」


やっぱりピンクと白ですか……(似合わない私は個人的にガックリ)。どうしてなんでしょう。


「ピンクは女性のホルモンバランスを整える効果があるので、見ても着ても穏やかな気持ちになります。ピンクでも薄いものから濃いものまでたくさんの種類があるので、自分に合うピンクを選んでみては? 白は素直さ、純白さをイメージさせるとともに、光を反射させるレフ板効果があるので、顔色を明るい印象にできますよ」


ピンクが苦手な人は、ハンカチなどの小物として取り入れるだけでも効果が期待できるのだとか。それではNGカラーは?


「『黒』を着ている人は多いですが、恋愛に発展する可能性がある男性と会うときには避けたい色。『黒』はカッコイイ自分を演出したいときはOKですが、一方で固いイメージがあるので、相手に対して壁を作りやすいんです。気軽に声をかけづらい印象を持たせてしまうことも」


プライベートで相手に対してオープンな印象を持たせたいとき、黒は避けた方が良いんですね。細く見えるかな? なんて思ってついつい黒ばかり選んでいた自分を反省……。これから、自分に似合う色だけでなく、その色自体が人に与える印象についても考えて買い物しようと思います(やっぱりピンクはハンカチからかなぁ……)。


本間さんが主宰するカラーデザインオフィス「カラーコンシャス カリテス」オフィシャルサイト
http://www.color-charites.com


本間さんのオフィシャルブログ
http://ameblo.jp/color-charites


(吉住夏樹/プレスラボ)



■関連リンク
【やっぱり知りたい! ホントの自分】ココロを表すカラー診断
【働く女子の実態】メイクでは作れない最強の美! あなたの魅力を引き出すパーソナルカラーをチェックしよう★
【20代女子ランキング】「アイメイク・リップメイクに取り入れたいカラー」ランキング

お役立ち情報[PR]