お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

出世を『望む』が約40%。『望まない』が約60%。働く女性の「出世に関する意識」ランキング

ほとんどの働く女性が、人生の大半は仕事に関わる時間が占めていると言っても過言ではないでしょう。そんな多くの時間を費やす仕事であるからこそ、これまでに一度くらいは、将来の自分の働き方やポジションについて考える機会があったのではないでしょうか。
今回、働く女性に「出世意識」について聞いてみました! また、出世したいと思っている人が、生涯で“ここまで”出世したいと思っているポジションについてもリサーチしました。その結果は……?



●第1位/特に出世は望んでいません……62.6%
○第2位/課長……8.6%
●第3位/部長……8.0%
○第4位/主任……7.6%
●第5位/社長……4.4%
○第6位/係長……3.6%
●第7位/会長……1.8%
○第7位/専務……1.8%
●第9位/副社長……1.0%
○第10位/常務……0.6%


なんと意外にも6割以上の62.6%という圧倒的な票の多さで「特に出世は望んでいません」という回答が第1位に。給与面や待遇など現在の状況のままでいいと思っている人が多いのか、出世することにより、仕事が忙しくなってプライベートな時間が減ってしまうのが嫌なのか、出世に対する欲が少ない人の方が多いよう。
2位以下は課長、部長、主任、係長など「頑張れば手が届くかも」というポジションへの意見が多い結果となりました。現実的に将来を見据えているのか、高望みはせずとも自分に見合ったキャリアは築きたい、という願いを持っている女性も多いようです。また意外に多かったのが5位の社長。女性の経営者は年々増える傾向にありますし、人とのコミュニケーション能力、細やかな気配りという点においては、男性よりも女性の方が経営に向いてるといえるポイントもあるもの。一企業に属して働くだけがキャリアではありませんし、起業に挑戦して社長として働くことも、きっと得るものが多いことでしょう。
みなさんは、定年までにどのポジションまで出世したいですか?



★関連リンク
【20代働く女子の実態】「ドMの人は出世する?」
【escala仕事白書】「今の仕事好き?」
【占い・診断】仕事運を引き寄せる「9つの役割」診断

お役立ち情報[PR]