お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

「ここぞ」の場面にひと粒ダイヤ? 働く女性のワンアイテム

人は見た目じゃないとはいうものの、お気に入りの服を着ていたり、持っている中で一番高価なアクセサリーを身につけたりしている時って、やっぱり気持ちが引き締まるもの。「ここぞ」という時に気合いを入れるために身につけるアイテムがある、という女性も多いのでは? あなたのこだわりのワンアイテム、教えてください!



●黒エナメルのバッグ(23歳/制作)
「どんなファッションにも合いやすいし、その存在だけで引き締まるから。とくに気合いを入れたい日は、大好きなヴィヴィアン・ウエストウッドの黒エナメルバッグを持ち歩いています」


黒エナメルのバッグは、ひとつあるだけでクールに決まりそうです。


●アナログの腕時計(24歳/経理)
「尊敬する女性の先輩がカルティエのアナログ時計を持っていたので、思わずマネしちゃいました! 取引先へ向かうときは、必ず着けています。もちろん、値段が値段なので、着けているだけで緊張してしまうのですが(笑)」


憧れの先輩のファッションをお手本にするという意見。重要な場面でだけ着けるようにすれば、条件反射で気持ちが引き締まるかも?


●少しヒールが高い黒のパンプス(26歳/販売)
「友達の結婚式に合わせて買ったもの。重要だと思う場合には必ず履いています」


高いヒールでも優雅に歩く女性は同性から見ても憧れます。でも、履き過ぎによる外反母趾にはお気を付けくださいませ。


●ピンクゴールドの指輪(25歳/編集)
「仕事柄、黒やグレーのスーツを着ることが多いので、ワンポイントとして高級感があるものを! ということで選んだのが、カルティエのピンクゴールドの指輪。ゴツゴツしていないデザインなので、打ち合わせ先につけていっても嫌味にならず、重宝しています」



打ち合わせ先や営業先へ行く際、服装はもちろん、アクセサリーにも気を使ってしまいますよね。高級感があるものだけでなく、どの場面でも通用するアイテムも、取り揃えておきたいものです。


●ひと粒ダイヤのピアス(23歳/商社)
「母から譲り受けたものです。普段から着けていますが、『ここぞ!』という場面になると髪型をアップスタイルにして、ピアスの存在感をアピールします!」


これは存在感バツグン。それにしても、「母から譲り受けたもの」って良い言葉ですよね……。




小物にも気を抜かない女性って、同性から見て隙がなく見えるもの。自分の気持ちを引き締めるためにも、自己満足のためにも(?)、自分なりのワンアイテムを持っておくのもいいかもしれませんね。


(吉住夏樹/プレスラボ)



■関連リンク
【20代女子ランキング】「誕生日に彼から贈られるとうれしいプレゼント」ランキング
【働く女子の実態】20代女子、職場でアクセサリーつける? つけない?
【20代女子ランキング】あなたの「こだわり」ランキング

お役立ち情報[PR]