お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

働く女子が実践してる! 仕事の効率を上げる「ワザ」

仕事に追われてあたふたしている時って、「仕事の効率の良い人」のことをすごく羨ましく感じます。「効率を上げたいなあ」と願っているだけでは叶わないわけですが、それでは皆さん、どんな自己流の「効率UP術」があるのでしょう? オリジナル(?)の「ワザ」を聞いてみました。



■「優先順位を決めて、パソコン画面に付箋紙」(25歳/化粧品会社)

「処理しなければならない仕事をひとつずつ付箋紙に書いて、パソコン画面の端に貼り付けておきます。取り掛かる優先順位を決めて、上から順に貼っておくんです。そして、終わったらはがします。次に何をすればいいのか、付箋紙を見たらすぐにわかるので、仕事が早く進みます」


最初にきちんと優先順位を決めておくことで、頭の中を整理。「忘れないように」と、頼まれた仕事の書類を机の上に出しっぱなしにしておくこともなくなりそう。


■「1時間集中したら、必ず10分間はぼーっとする時間を作る」(27歳/イベント会社)

「主に細かい図面の作成などをしています。1時間作業に集中したら、必ず10分ぐらいはなるべく何も考えずにぼーっとする時間を作っています。私の集中力は、どう頑張っても1時間が限界なんです。何時間もぶっ通しで作業をしていた時よりも、効率が上がった気がします」


短い時間の間でメリハリをつけることによって、脳や目、体の疲労も軽減されそうですね。


■「締め切りを設定する」(28歳/通販会社)

「もともと私は、やらなきゃいけないことを後に回してしまう性格。それが原因で、仕事ものびのびになってしまうことがよくあったので、もらった仕事は決められた締め切り以外に自分の締め切りを設定して、すぐにやる習慣をつけるようにしました。自然と仕事が前倒しになり、業務にも気持ちにも余裕が出るようになりました!」


やらなければいけないことを先に終わらせると、肩から重荷が降りた気がしてとっても気持ちいいですよね。


■「整理整頓」(25歳/フラワーアレンジメント講師)

「書類やメモなど、ものがどこにあるかすぐにわかるように、身の回りは整理整頓するように心がけています。探す時間が省けるので、仕事時間の短縮にもなります」


効率が上がるだけでなく、周りからの評価もアップするかも!




個人の性格や、仕事の内容によって「効率を上げる方法」も違うはず。あなたにとって最適な「効率UP術」はどんなものですか?


(桜まゆみ/プレスラボ)



■関連リンク
【おシゴト相談所】仕事の整理とスケジュールの管理を上手にこなしたい!
【働く女子の実態】20代女子が「仕事ができるようになった」と感じるとき
【Digi仕事】ビジネスダウンローズ

お役立ち情報[PR]