お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

【働く女子の実態】デリケートゾーンのムダ毛ケアをしている人は何%?

大人の女性にとって、我が身ながら厄介な存在である「ムダ毛」。脱毛に通ったり自己処理をしたり、時には見えないフリをしたりと、皆さん各々の工夫と努力でもって対処されていることでしょう。今日はそのムダ毛の中でも、特にお悩みの方が多いであろう“デリケートゾーンの処理”について、女子の実態をレポートしてみたいと思います。



まずは、エスカーラ会員500名の女子にズバリ聞きました!


◎「デリケートゾーンのムダ毛処理をしていますか?」


その答えの内訳は、YES=40.2%/ NO=59.8%


デリケートゾーンのムダ毛は、自然な状態で放置している女子の方が多いよう。NOという回答の横には、「どう処理したらいいのかよく分からない」というコメントも。確かに、「デリケート」と名の付く場所だけあって、手を加える際には他の部位のムダ毛以上に知識や技量などが必要です。中にはこんなチャレンジャーの方々もいらっしゃいましたが……。


■「昔、男性用除毛フォームを買ってきて、あまりによく抜けるので調子に乗って全身脱毛(頭を除く)しました」
■「高校生の時、母親に『線香で燃やすとチクチクしなくて良いよ』と言われ実践したら、大事な部分を火傷した」


お線香で処理する昔ながらの(?)方法は結構有名ですが、やっぱり危険そうだなとしみじみ感じさせられるエピソードです。自己処理をする場合は、それ用の専門シェーバーなどを予め用意する方が無難ですね。


一方プロ(脱毛サロン)のお世話になるというのは手っ取り早い方法のようにも思われますが、それはそれで「恥ずかしい」という心理的弊害が。やっぱり、ワキや手足の脱毛に行くのとは全く違うレベルの覚悟が必要なのかも。最終的には開き直るしかないのですが……。


そんな、サロンに行くのもためらうような女子からすれば驚きかもしれませんが、なんと「彼氏に処理してもらう(してもらっている友人がいる)/してもらったことがある」とこっそり(?)教えてくれた人が、500人の中に7名!


また、「彼氏に処理を勧められたことがある」と告白してくれた人も6名いらっしゃいました。中には「彼氏との初体験の前に剃られた。Hより先に剃られるって(笑)」という人まで。


デリケートゾーンのデリケートな扱い方、試行錯誤を重ねている人も多いと分かった今回。誰にとっても大事な部分、無茶はせずに清潔とキレイを保っていきましょう!


(つくしの万葉/プレスラボ)



■関連リンク
【escala美容白書】デリケートゾーンのむだ毛処理をしていますか?
【働く女子の実態】男の本音を知りたい! 女子のムダ毛の許せない箇所って?
【20代女子ランキング】「長袖を着る季節のボディケア」ランキング

お役立ち情報[PR]