お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

【働く女子の実態】「実はこんなモノ集めてます!」20代女子のコレクションあれこれ

「シンプルに暮らしたい」。心はそう求めているのに、なぜか増えてしまうモノ・モノ・モノ!! その中には「サンダーバードの基地」なんてマニアックなコレクションが紛れ込んでいることも……(29歳/化粧品会社の女性の実話です)。そこで今回は、20代女子のお部屋拝見! 「あなたのコレクション、教えてください!」ということで情報を集めて来ました。



まずは思わず吹き出した、個性的なコレクションから。


■「観光地の地名が入った提灯」(25歳/カフェ)



彼女の部屋の高いところには、20個くらいの提灯が飾られているそう。「子どもの頃から提灯コレクターで、小学校の図工の時間に自分で作った提灯も飾ってある。それには私の名前が地名っぽく入れられてるの」と、嬉々として話す彼女。シブイね!!


■「粗品のボールペン。いつかエジプトに旅行に行ったときに物々交換するために」(26歳/銀行)



これはモノというよりもその理由が個性的ですね。彼女曰く、エジプトではボールペンがとても貴重らしく、買物をするときにボールペンをチラ見せすると、エジプト人の目の色が変わるのだとか(本当ですか?)。


中には本格的なコレクターもいました。


■「ライター。数十円のもの—数万円のものまで、400個以上」(24歳/モデル)



彼女はタバコを吸わないそうですが、お気に入りのライターをカチカチといじるのが好きで、オイルを切らしてしまうこともあるそうです。それにしても、400個!! どうやって飾っているのかが気になります。


女性らしいコレクションだなぁと個人的に思ったのは


■「アロマオイル」(28歳/商社)



マッサージオイルに混ぜたり、お風呂に数滴入れたりして楽しんでいたそう。ん? 過去形? 「一時期ハマって、色々と買い揃えたんだけど、飽きました」。そんなもんですよね(笑)。


今回、多くの女子が集めていると分かったのが、「美術館や旅先で買うポストカード」。安いのにオシャレで、しかも実用的なところが高ポイントなのかも。スペースもあまり取らなくていいですよね。ちなみに筆者の友人で、「失恋」をコレクションしているという女性がいます。趣味で音楽をやっているので、「失恋の傷みも創作のこやしになる」のだとか。うーん、転んでもただでは……!


(つくしの万葉/プレスラボ)



■関連リンク
【escala生活白書】やめたいけどやめられない私の変な癖
【働く女子の実態】20代女子の「ちょっと人には言えない習慣」は?
【escala生活白書】ストレス発散&解消法、教えて!

お役立ち情報[PR]