お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

所作、人格、オーラ……働く女性が考える『「美しい人」の第一条件』ランキング

 ひと言で「美しさ」といっても、人によって意味はさまざま。「美しい」と思う対象だってたくさんありますよね。自然に対してだったり、芸術作品に対してだったり、そして人に対してだったり。身近に、あの人「美しい」なぁと思う人はいますか? そして、そんな人になりたいと思いませんか? というわけで、聞いてみました。あなたが考える「美しい人」ってどんな人?



 ●第1位/姿勢やふるまいがきれいな人……25.6%
 ○第2位/優しさ・思いやりがある人……15.4%
 ●第3位/にじみ出るオーラがある人……14.8%
 ○第4位/自分を磨く向上心を持っている人……14.2%
 ●第5位/物腰の柔らかく上品な人……11.8%
 ○第6位/容姿の端麗な人……8.6%
 ●第7位/飾らない・素のままの人……4.0%
 ○第8位/健康・元気な人……2.8%
 ●第9位/頭脳明晰な人……2.6%
 ○第10位/ハーフや純正外国人……0.2%


 「美人」と聞くと、誰もが容姿端麗な人を思い浮かべると思います。でも、「美しい人」となると話は別。みなさんの支持を集めた1位は、「姿勢やふるまいがきれいな人」。顔じゃないぞ! ってことですね。顔だけではないけれど、「姿勢」といった外見的美しさも必要。さらにこれは、先天性のものではない! から、自分が意識してふるまえば、多くの人から「美しい」って思われることも!? ですが、「身につけようにも、どうすれば……。」と感じる人も多いのでは? 一方、2~4位は「思いやりがある人」「向上心を持っている人」といった、「美しさとは心だ!」色の濃い回答がランクイン。外見を大事とするか、内面を大事とするか……。今回アンケートでは、内面を大事と思う人のほうが圧倒的に多い結果となりました。1位の「姿勢やふるまい」にしても内面の美しさがあってこそ外見にあらわれてくるものなのかもしれません。「美しさ」を手に入れるためには、心を磨くこと! かな?



★関連リンク
【働く女子の実態】魅力を引き出すパーソナルカラーをチェックしよう★
【スピリチュアル行脚】DNAアクティベーション(前編)
【占い・診断】女子力UP! マナー美人度診断

お役立ち情報[PR]