お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

【働く女子の実態】マナーでわかる!? 仕事のできる女のマナーとは

新入社員の新しいスーツが眩しい季節になりました。新たな後輩を持って、気持ちを引き締めなくては……なんて思っている人も多いのでは。後輩から「この人できる!」と思われるために、「できる女」からコツを学びましょう。働く女性にアンケートしてみると、「できる女はさりげないマナーが違う!」と答える人が多数でした。マナーの違い、あなたも気付かれているかも……?

■くだけた言葉遣いもできるが、基本的に言葉遣いが丁寧。(25歳・メーカー営業)

敬語の使い方もばっちりで、いわゆる「ビジネス会話」を問題なく話せる先輩。それだけでなら当たり前だが、「いかにも」なビジネス会話ではなく女性らしさを感じさせる物腰の柔らかさ。この先輩のすごいところは、くだけた言葉遣いやシモネタにも柔軟に対応できること。かっちりしたビジネス会話とくだけた言葉遣いの使い分けが絶妙に上手いところが「この人できるなー」と思わせる。

■メールの最後に気遣う言葉をつけてくれる。(23歳・広告代理店)

取引先の女性。実際に会ったことは数回で、後はメール上のやり取りだが、初めてメールをもらった時から「感じの良いメールを書く人だな」と思っていた。ビジネス上のやり取りの後に、必ず「寒くなってきましたが、体調にはお気をつけて」「暖房でオフィスが乾燥していて大変です。女性には厳しい季節ですよね」など、ちょっとした気遣いの言葉や女性ならではの共感ポイントがついている。依頼の書き方などが非常に丁寧だったこともあるが、その人の人柄がだんだんメールを通して見えてきて、ファンになってしまった。

■自分のことはあまり話さない。人から聞かれて初めて話す。(25歳・アパレル勤務)

先輩も後輩もおしゃべり好きな人の多い職場だが、一人すごく男性受けの良い先輩がいる。ノリが良くて人の話にツッコミを入れるのも上手だが、自分のことはあんまり話さない。秘密主義というわけではなくて聞かれたらなんでも話しているが、自分から話さない分、周囲が余計に気になってしまう。狙ってやってるのならすごいな、と思う。

■声は大きすぎず小さすぎず。(23歳・受付)

仕事のできる先輩は例外なく、「相手が聞き取りやすい声」をしていると思う。上司に報告するときでも後輩を怒るときでも声が小さすぎたり荒げたりすることがなくて淡々としている。無駄なところでエネルギーは使わず、冷静に仕事をこなしていくように見えてかっこい。

メールの最後に気遣う言葉をつけてくれる、というのと似た意見で、「別れるときに、『最近、夜は冷えるから体調を崩さないように気をつけてね』というように『気をつけてね』をほとんど必ずつける友達がいる。私は何とも思っていなかったが、男友達に聞いたらこういう言葉を女性から言われると案外ドキっとするらしい」というものも。
ちょっとしたマナーを身につけて、同性からも異性からも好かれる女性を目指しましょう。この春からでも遅くない!

(鎌田和歌/studio-woofoo)

■関連リンク
【働く女子の実態】仕事とプライベートの切り分けができな〜い!(涙)
【働く女子の実態】実録:「!?」と思ったビジネスメール
【仕事白書】先輩に『勝った!』と思った瞬間」

お役立ち情報[PR]