お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム専門家 レシピ

ワインを持ってお花見に行こう!


エスカーラ料理手帖 DeliDeli Vol3.ワインを持ってお花見に行こう!

Recipe:Numaguchi Yuki+Photograph:Kaisato Junko+Styling:Mitani Arisa
春野菜とペンネの粒マスタードあえ
菜の花
1/2束
アスパラ
1束
ペンネ
150g
粒マスタード
大さじ1
オリーブ油
大さじ2〜3
塩、こしょう
少々
アスパラは下のほうのかたい部分をピーラーでむき、3〜4cmの長さに切る。菜の花も同じ長さに切る。たっぷりの湯を沸かして塩を多めに入れ(分量外/湯3リットルに対し塩大さじ2くらい)、ペンネを入れて一度混ぜ、アスパラと菜の花も一緒に入れる。アスパラと菜の花がゆで上がったら先に取り出し、菜の花は水にさらしてから水気を絞る。アスパラはそのままザルにあげておく。ペンネは指定のゆで時間より少し(1分ほど)早めにあげてザルで湯を切る。ボウルに粒マスタードとオリーブ油を入れて、かためにゆでたペンネと菜の花、アスパラをあえ、塩、こしょうで味をととのえる。
◎菜の花 ほろ苦さと、甘みのある春を告げる味わい。ブロッコリーなどと同じアブラナ科の野菜で栄養も豊富。鮮やかなグリーンカラーからのぞく黄色い花弁がかわいい、お花見にぴったりのお野菜です。
タラモサラダ
じゃがいも
中2〜3個
たらこ
1腹
レモン汁
小さじ2
オリーブ油
大さじ2〜3
玉ねぎ(すりおろす)
小さじ1
塩、こしょう
少々
バゲット
適宜
じゃがいもは、皮ごと水から静かにゆで、竹串がすっと通るようになったら取り出して熱いうちに皮をむき、フォークでよくつぶす。たらこは薄皮にナイフで切り込みを入れ、中身をスプーンでかき出す。粗熱が取れたら、2とレモン汁、オリーブ油、玉ねぎを加え、塩、こしょうで味をととのえる。
◎じゃがいもは熱いうちにつぶします。多少のつぶつぶ感が残っていてもおいしくできあがります。生クリームやマヨネーズを混ぜてもおいしくできます。
チョコがけいちご
いちご
7〜8個
コーティングチョコ(ホワイト)
70g
沼口ゆき先生のお料理上手まであと一歩
お花見にお酒は欠かせませんね? 私はワインが大好き。うれしいことがあった日は、冷えたロゼシャンパンやスパークリングワインでよく乾杯をします。お花見は春の到来を喜ぶ日本のうれしい風習のひとつ。ワイン片手にいただくお弁当と花景色は年に1度のお楽しみです。このときこそと奮起する慣れないお弁当作りも、楽しい時間を思うとがんばれます。彼に喜ばれたり、友達にほめられたり。お料理はうれしい思い出とともに上達する気がします。

お弁当にはワインの小瓶がぴったり。小さな保冷剤をくくりつけたり、プラスチックバッグに氷を直接入れてワインクーラーにしても。

料理コーディネーター 沼口ゆき先生
料理本、雑誌の料理ページや、企業のレシピ開発など幅広く活躍中。コンフィチュールをイメージしたリップグロスの香りをプロデュース(こちらのページでプレゼント! 応募は5/20まで)。スタジオのある築地では定期的に料理教室も開いています。料理教室のお問い合わせはメールで。
■お詫びと訂正
エスカーラvol.23号の『DeliDeli』でご紹介した「ワインを持って お花見に行こう!」のレシピ内で材料の表示ミスがありました。ここに訂正し、深くお詫びいたします。なお、サイト上のレシピは正しく表記されています。
訂正カ所は以下になります。
Deli 01 [春野菜とペンネの粒マスタードあえ]
 誤)オリーブ油大さじ2/3 → 正)オリーブ油大さじ2〜3
Deli 02 [タラモサラダ]
 誤)材料(2人分) → 正)材料(作りやすい分量)
 誤)じゃがいも中2/3個 → 正)じゃがいも中2〜3個
 誤)オリーブ油大さじ2/3 → 正)オリーブ油大さじ2〜3

お役立ち情報[PR]