お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 結婚

Happy☆Weddingオーダードレスで迎えた世界にひとつのウェディング〜ベイサイドガーデンクラブ〜

幸せのおすそわけ!Happy☆Wedding

夢と憧れがいっぱいつまったウェディング☆ ひと足お先に、バージンロードを歩んだ彼女たちの ステキな結婚ライフをレポートします!
/love/happywedding/35/
My best photo
/love/happywedding/35/
/love/happywedding/35/ /love/happywedding/35/
click!
グランドハイアット東京の大階段で、オーダーメイドの衣装を身にまとって
今月の花嫁
森田小芽(さが)さん
(30歳)

Profile
/love/happywedding/35/
/love/happywedding/35/
運命の出会い
小京都・金沢では情緒あふれる街並みを堪能しました
小芽さんの所属する部署に稔さんが異動し、ふたりは出会いました。当時はお互いにパートナーがいたため、恋愛対象としては意識していなかったそう。それが変化を見せたのは、彼の仕事の女性パートナーの退職がきっかけ。小芽さんも彼女と親しかったので、彼女の退職についてふたりで話す機会がありました。その時期、ほぼ同じくらいにお互いフリーになったことも作用してか、その後、頻繁に会話を交わすように。そして——。
愛のコトバ
仕事帰りに彼が彼女を映画に誘い、初デートが実現! 自然とお付き合いが始まりました。お互いに何となく“結婚”を意識しながらの交際は、相手への想いが本気ゆえに、価値観の違いを埋め合わせしようと、けんかもよくしたそう。その結果、「それぞれの価値観を尊重し、和解する努力を重ねなければ、今の生活はなかった」と小芽さん。稔さんも「けんかもよくしたけれど、一緒にいて楽なのが結婚を決意した理由」と口を揃えます。
三重旅行では海をバックに撮影!

ハッピーライフ
入籍日の1枚。晴れて夫婦となった記念に——
“けんかするほど仲がいい”を体現するふたりは小芽さんの転職を期に半同棲生活をスタート。プロポーズはそれから2カ月後。いつものように床について電気を消し、「さぁ寝ましょう」というタイミングで、稔さんから「そろそろ、広い部屋に引っ越そうか?」と言われたのだとか。小芽さん自身も、結婚に対する心の準備はできていましたが、寝る直前にプロポーズされるとは思っていなかったため、ウレシイのはもちろんですが、そのシチュエーションに思わず笑ってしまったそうです。

 



ふたりの愛の年譜

出会い編
03年5月 お付き合い開始

お付き合い編
05年10月 彼女の転職を期に半同棲生活スタート
05年12月 プロポーズ☆
06年1月 彼の両親へ挨拶(彼女の誕生日を彼の自宅でお祝い)
06年5月 彼女の両親へ挨拶
06年6月 両家顔合わせ
06年10月 新居へ引越し→同棲スタート
06年11月 入籍
07年9月 挙式・披露宴♪

結婚生活編
07年9月 ハネムーン

次回は4月22日(火)掲載を予定しています!
お楽しみに!
後編
update:08.4.8 text:yamai nagi

お役立ち情報[PR]