お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 芸能

ジェイク・シマブクロ Special Interview

esacala Special Interview
ジェイク・シマブクロ ハワイアンミュージックに新たな風を吹き込むウクレレの革命児

クラシックやジャズ、ロック、ブルースといったあらゆるジャンルの音楽を卓越したテクニックと独自のフィーリングで情熱的なサウンドへと変幻自在に昇華するウクレレ・プレイヤー、ジェイク・シマブクロさん。06年に映画『フラガール』のサウンドトラックを手がけたことが記憶に新しい読者も多いはず。そんな彼が、日本人の血をひくアーティストとして、昨年初めて日本の名曲だけを演奏するライブを行いました。その名は『一期一会』。自身のルーツをたどった音楽の旅の結末、そしてプライベートについて、お話を伺いました。


目次
#01 次にいつ訪れるか分からないからこそ、一瞬を楽しまないと
#02 新しい経験が音楽のアイデアにつながっていくんです
#03 海へ行ったり、映画に行ったり……デートはシンプルですよ


update:2008.2.29
text:Nagi Yamai


ジェイク・シマブクロ 画像
【Profile】
1976年11月3日生まれ。ハワイ州ホノルル出身。日系4世。4歳よりウクレレを始め、98年PURE HEARTのメンバーとしてアルバム『PURE HEART』でデビュー。翌年にはハワイのグラミー賞と称されるナ・ホク・ハノハノ・アワードで新人賞、最優秀アルバム賞を含む主要4部門を受賞。その後、2000年に新バンドCOLONを結成し、3年連続となるナ・ホク・ハノハノ・アワードを受賞。解散に伴い、02年1月にソロ活動をスタート。同年7月にミニアルバム『サンデー・モーニング』で日本デビュー。03年にはナ・ホク・ハノハノ・アワードで2冠達成。また、04年より3年連続でハワイ州観光局のイメージキャラクターにも。07年には自身初となるベスト・アルバム『マイ・ライフ』をリリース。

ジェイク・シマブクロ公式サイト
http://www.jakeshimabukuro.net/

お役立ち情報[PR]