お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

【働く女子の実態】恋人がいるデメリットを解消するには

恋人ができることで大きく変化するのは、プラス面だけではありません。むしろマイナス面の方が大きいかも? ではそのマイナス面はといえば……

代表的なものに、まず(1)「太る」。
デートプランには大抵、食事・お茶が付き物。相手のペースで食事をするようになり、美味しいものを食べに行く機会が増えます。相手の趣味が食べ歩きだったりしたらもっと最悪。恋人の目線を感じるからこそ、スタイルにも気を遣いたいのに! と思っていても、その恋人が足かせに。
そして、(2)「金が減る」。
デート代による出費が増え、貯金ができなくなるでしょう。またケータイの利用料金も増えるため、独り身時代の経済的余裕はもはやナイ。でもデートでケチるのは興ざめ。食事代もホテル代も割り勘派ならイタイ出費も止むを得ません。

恋人さえいなければ誕生日プレゼントも考えなくていいし、休日はどこでどう過ごすか? などと頭を悩ます必要はない。「最近なんかツレナイの」なんて不安を抱くこともない。

……などと嘆いてばかりでは面白くない。(1)と(2)は代表的なデメリットですが、前向きに解消する手立てはもちろんあります。
まず……

彼に気遣ってデブ街道をまっしぐらに走ってしまわぬよう、ここは素直に不安をもらすべき。「太りたくないの」と、一言いえば心中察してくれるハズ。告白したことでダイエットに協力的になってくれるかもしれません。
また経済的な負担も相談してみれば案外同じようなことを相手も考えていたりするもの。
私がその昔働いていたバイト先には、それはも〜たくさんいました。仕事帰りに、恋人に内緒でデート代稼ぎにやってくるリーマンが。くたびれたスーツ姿は、なんだか痛々しい感じがしましたね。

いずれの場合も、相手に素直に不安を述べるのが一番! 意外な協力体制に、気持ちがスッキリ晴れるかも。
マイナス面を共有できない相手だったら?? うーん、ある意味もう太ることはないかもしれませんね。

(砂原真而子/studio-woofoo)

■関連リンク
【働く女子の実態】絶対にフラれないオンナになる秘訣!
【働く女子の実態】上手に「フラレる」ためには?
【恋愛白書】付き合うときのきっかけ

お役立ち情報[PR]